打撃スキル

柳田悠岐選手から盗む!バッティングで「割れ」を作るための3つのポイントを解説します!

ヘボ球くん
柳田選手のバッティングがカッコよくて憧れるっす〜。何か技術を盗みたいっすー!
確かに常にフルスイングで、破壊力抜群の打撃が魅力的だな!その破壊力の源になっている「割れ」の動きを参考にしよう。
うま球くん
ヘボ球くん
「割れ」って何っす??それでパワーがでるっす??
よし!ヘボ球くんが知らないようだから、今回は柳田選手のバッティングフォームを参考に「割れ」について解説してするぞ!
うま球くん
ヘボ球くん
お願いするっすー!

柳田選手の豪快なバッティングには、様々な技術が詰まっています。「割れ」もその中の一部です。「割れ」の動作をすることで、より力強いスイングができます。

今回は野球歴20年以上の私が、柳田選手の打撃フォームを参考に「割れ」を作るためのポイントを解説します!

こんな方におすすめ

    • 力強いスイングができない
  • よく下半身が使えていないと言われる
  • 何から手をつけたら良いかわからない

バッティングで課題を抱えていたり、更なるレベルアップを目指したいときは、一流の選手の打撃フォームを参考にするのが、最も効率の良い方法です。

今回は柳田選手の打撃フォームから「割れ」に着目して、誰でもマネできるポイントをピックアップしてるので、是非最後まで読んで今日から意識して練習しましょう!

バッティングでよく聞く「割れ」って何?

バッティングは、テイクバック→踏み込み→回転の動作を体重移動をしながら行います。バットのスイングは、ほぼ止まった状態から力を生み出す必要があるので、身体を如何に上手く使うかが重要になります。その身体使い方で重要なのが「割れ」の動作になります。

「割れ」とは、回転動作を始める前に、上半身をバックネット方向、下半身を投手方向と、それぞれ反対方向に捻る動作のことです。

下半身を投手方向な捻るというと、身体の開きに繋がってしまうため、捻るというより投手方向に足を伸ばしていくイメージをしてください。(微妙なニュアンスですみませんが、動画や図を見ればわかって頂けると思います。。)

上半身と下半身を逆方向に捻る(引っ張る)ことで、回転動作をする際に筋肉が元に戻ろうとする力を利用して、より回転を加速させることができます。

柳田選手はもちろんこの動作ができているので、より力強いスイングができるんです!

柳田悠岐選手から盗む!バッティングで「割れ」を作るための3つのポイント

それでは、柳田選手の打撃フォームを参考に、バッティングで「割れ」を作るためのポイントを解説していきます。

今回解説するポイントは、以下の3つです!

「割れ」を作るポイント

  • 踏み出す足の臀部と足の裏を投手に向ける
  • トップの手の位置を軸足の上あたりにキープ
  • 踏み出した足の付け根を軸に回転する

この3つのポイントは誰でも意識して取り組める内容になります。「割れ」自体の動作に加えて、「割れ」を活かすための動作も含めて解説していますので、全て実践するつもりで読み進めてください!

柳田悠岐選手から盗む「割れ」のポイント:①踏み出し足の臀部と足の裏を投手に向ける

「割れ」を作るために「身体の開き」を抑えるのが必須です。身体が開いてしまうと、開いた方向に力が逃げていってしまうため、「割れ」で生み出す力を活かすことができません。

「割れ」の準備ともいえる、身体の開きを抑えるための動作が、踏み出す足の臀部と足の裏を投手に向ける動作です。

臀部と足の裏を投手に向けることで、下半身が内旋(内側に捻ること)され、身体の開きの防止になります。

さらにこの動作は、「タメ」を作る方にも繋がるので、まさに一石二鳥です。「タメ」については、別の記事で書いてますので、興味がある方はチェックしてください。

あわせて読みたい
野球のバッティング(打撃)で「タメ」を作るための3つのポイントを解説!練習方法も紹介します!

ヘボ球くんバッティングで色んな人から、身体が突っ込んでるとか、手打ちだとか、よく指摘されるっすー! それは「タメ」が出来ていないからだな!「タメ」ができれば、下半身主導の力強いバッティングができるぞ! ...

続きを見る

踏み出す足を上げたときに臀部を投手に向け、踏み出していくときに足の裏を投手に向ける動作になりますので、是非意識して練習しましょう!

柳田悠岐選手から盗む「割れ」のポイント:②トップの手の位置を軸足の上あたりにキープ

「割れ」とは先程解説した通り、上半身と下半身を逆方向に捻る(引っ張る)動作で、踏み出す足を前に踏み込んでいくタイミングで、「割れ」た状態をつくります。その時のポイントが、トップの手の位置を軸足の上あたりにキープすることです。

「手の位置をキープしてるだけで割れができるのか?」と思われるかもしれませんが、踏み込んでいく際に身体は投手方向に動いていくので、本当に手を一切動かさなければ、手の位置は身体に釣られて前に移動します。

何もしないと移動してしまう手を、軸足の上でキープしようとすると、手を後ろに引っ張る必要があるので、上半身は自然とバックネット側に引っ張られます。

下半身は足を踏み込んでいくことで、投手方向に動く(引っ張る)形となるので、手の位置をキープする動作とセットで行うことで身体の「割れ」が作られるんです!

手の位置を軸足より後ろに引き過ぎたり、上半身を捻り過ぎたりすると、バッティングに悪影響を及ぼすので、軸足の上辺りでキープするのが、丁度良い位置になります。

柳田悠岐選手から盗む「割れ」のポイント:③踏み出した足の付け根を軸に回転する

最後は「割れ」で生み出した力を、効率よくスイングに伝えるための動作です。

「割れ」によって外側に引っ張られた筋肉は、内側に捻り戻すことで力を発揮します。その「割れ」た状態から内側に捻り戻すための動作が、踏み出した足の付け根を軸に回転する動作です。

上半身は、バットを振るにあたって自然と投手方向に捻るため、特別意識することはありませんが、下半身はそうはいきません。

バッティングは投手方向に回転していく動作なので、下半身を何の意識もなく使っていくと、投手側に踏み出した足は、開く方向に動いてしまい、「割れ」を活かすことができません。

そこで、踏み出した足の付け根を軸に回転意識を持つことで、踏み出した足の開きを防止(若干の内旋)することができます。

付け根で回転するためには、つま先、膝の開きを止める(やや内側に捻る)必要があるため、自然と開きが止まり(壁を作るともいいます)、軸足が踏み出した足にぶつかりにいくように動きます。

この動作が回転を加速させて、より力強いバッティングができるようになるんです!付け根で回転する感覚は少し難しいですが、これができると打撃能力が格段に上がるので、是非繰り返し練習をして身につけてください。

柳田悠岐選手から盗む!バッティングで「割れ」を作るための3つのポイント まとめ

ここまで読んで頂きありがとうございます。今回柳田選手の打撃フォームを参考にして解説したポイントは以下の3つです。

「割れ」を作るポイント

  • 踏み出す足の臀部と足の裏を投手に向ける
  • トップの手の位置を軸足の上あたりにキープ
  • 踏み出した足の付け根を軸に回転する

この3つのポイントは、当然練習は必要ですが、誰でも意識して練習すれば身につけられる内容になっています。

「割れ」は、強いスイングをするために重要な要素です。是非今回解説した3つのポイントを意識して練習して、「割れ」を身につけましょう!質問・相談等がありましたら、是非公式LINEに友達登録頂き、気軽にご連絡ください!

公式LINEアカウントで無料相談・無料プレゼントを実施中!

 BASEBALIaaaN 公式LINE

メッセージを頂いた方へ、限定で無料相談・無料プレゼント実施中!

友達登録はこちら


野球は、経験者が上達するための情報は溢れていますが、初心者が野球を勉強するためのコンテンツは不十分だと考えています。初心者の方が野球を楽しめる状態になるハードルが高すぎるんです!

なので、BASEBALIaaaNでは、公式LINEアカウント(ID:@yti2498t)で、野球初心者の方がスムーズに上達できるよう、野球に関する情報を配信しています!

また、現在LINEトークでの無料相談を実施しています!記事の内容に関わらず、野球で悩んでること、知りたいことがある人は、是非友達登録をして、気軽にメッセージを送ってください。

さらに、メッセージを送ってくれた方限定で、野球に関するノウハウが詰まった、以下の無料PDFをお渡していますので、こちらも是非受けってください。(今後どんどん増やしていく予定です!)

無料プレゼント一覧

  1. グローブ型付けマニュアル
  2. もうタイミングを外さない!シンクロ・ステップを解説
  3. 『タメ』と『トップ』の作り方
  4. 第一回 守備の基本〜①グローブの使い方〜
  5. 第二回 守備の基本〜②ボールの捕り方(基礎編)〜

Copyright© BASEBALIaaaN , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.