Q&A 打撃スキル

野球のバッティング(打撃)で、簡単にタイミングを取る方法はない?

うま球くん
今回は公式LINEで頂いた質問にお答えするぞ!
どんな質問っすー??
ヘボ球くん
うま球くん
質問の内容は「バッティングでタイミングを取る方法を教えて欲しい」だ!!
良い質問っす〜!タイミングよくバットを振るのは、結構難しいっす〜。。
ヘボ球くん
うま球くん
そうだな!だから、今回はバッティングで簡単にタイミングを取る方法を解説していくぞ!

打席で投手とのタイミングを図るのは、結構難しいですよね?

タイミングはバッティングにおける重要な要素なので、タイミングが取れないとスイングを崩されたり、最悪バットを振ることさえできない状態に陥ります。

でも逆に、タイミングが取れるようになれば、初球から自分のスイングができるようになり、打率も劇的に上がります。

そこで今回は野球歴20年以上の私が、公式LINEでのご質問にお答えして、打率が劇的に上がるタイミングの取り方を解説します!

こんな方におすすめ

    • 打席で自分のスイングができない
  • 見逃しが多くて監督によく怒られる
  • バッティングでタイミングの取り方を教えて欲しい

タイミングを合わせるのが上手い選手は、初めて対戦する投手であっても、初球からバンバン振っていけます。

この記事を読めば、あなたも初球から打ちにいけて、安定して結果を出すことができる選手になれますので、是非最後までチェックしてください!

公式LINEでは、今回のようなご質問やご相談に無料でお答えしています!また、野球関連の情報も配信しているので、興味のある方は是非友達登録をお願いします!

↓公式LINE@で無料相談受付中↓

今すぐ友達登録をする

野球初心者に役立つ情報も配信します!

野球のバッティング(打撃)で「タイミングを取るのこと」はなぜ難しいのか?

野球のバッティングでは、バットのスイングについての指導が多いですが、どんだけスイングが良くても、投手が投げるボールにタイミングが合わなければ、全く打つことができません。

タイミングが取れないと、例えイチロー選手のスイングができても打てないんです。なので、バッティングにおいてタイミングは非常に重要なんです。

なぜ、タイミングを取るのが難しいかというと、タイミングは投手(他人)に合わせる必要があるからです。

自分以外の人とタイミングを合わせること自体が難しいのに、投手は打者のタイミングをハズすように工夫してくるので、合わせるのが難しいに決まってます。

そして、タイミングに関する指導や解説記事を見ても、打者自身の動き方に関する内容ばかりで、「投手に合わせる」という観点が抜けているので、なかなか上達できないんです。

そこで、今回は「投手起点」でのタイミングの取り方を解説していきます!

誰でも即簡単にできて、どんな投手にでも合わせられる方法で、私もこの方法を取り入れて飛躍的に打率が上がりました。

具体的な方法は次項から解説していきます!

野球のバッティング(打撃)で簡単にタイミングを取る方法とは?

先ほど解説した通り、バッティングでは投手のタイミングに合わせてスイングする必要があります。

そして、投手の投げるタイミングは選手によってバラバラで、且つ打者のタイミングをハズそうとしてきます。

そのため、確実にタイミングを合わせるには、どの投手でも同じようなタイミングで、必ず行う動きにターゲットを絞る必要があります。

「どの投手でも必ずやる動きなんてないだろ!」と思われるかもしれませんが、実はその動きがあるんです!

 

具体的にお伝えする前に、まず原理をお伝えします。

あなたがジャンケンをするときの動きを思い出してください。

「ジャン(手を下げる)・ケン(手を上げる)・ポン(出す)」と動かして、自分の手を出します。

「原理」などと難しそうに言いましたが、やることは簡単。これと同じです。

ジャンケンは先ほど書いたように手を動かすことで、相手とタイミングを合わせて、複数人で同時に手を出せています。

この超シンプルで、誰でも簡単にできる「ジャンケンの準備動作」を野球に応用したのが、今回解説する「シンクロステップ」です!

野球のバッティング(打撃)で簡単にタイミングを取れる「シンクロステップ」とは?

投手が必ず行う動作とは?

結論から言うと、どんな投手でも必ず行う動作とは、「膝を曲げて腰(重心)を落とす動作」です。

投手の投球モーションは、下半身に着目するとざっくりと以下のような流れで進みます。

投球時の下半身の動き

  • 前足を上げる
  • 膝をまげて腰(重心)を落とす
  • 体重移動しながら前足を踏み出す
  • 腰を回転させる
  • ボールがリリースされる

これは、腕の振りがサイドやアンダーでも、投球動作が速くても遅くてもに、絶対に行われる動作なので、 この重心を落とす動作を起点にタイミングを取れば、どんな投手がきても同じやり方でタイミングを合わせられ るというわけです。

シンクロ・ステップのやり方

シンクロ・ステップは、投手が膝を曲げ腰(重心)を落とす動作に合わせて、自分も重心、もしくは身体の一部を下げます。

イメージは先程解説した通り「じゃんけん」と同じです。「じゃん・けん・ぽんっ!」の「じゃん」のように、重心ごと、もしくは身体の一部を下げてからスイングに入ります。

私は、投手の重心を落とす動作に合わせて、かかとを「クンッ」と踏み込むんでタイミングを合わせていました。じゃんけんと同じように、一度かかとを踏み込んで(「じゃん」)、足を上げて(「けん」)、スイング(「ぽんっ!」)という流れです!

引用元:バッティングの正体/手塚一志著

かかとが自分に合わなければ、上記で解説したかかとの動作を、重心や別の部位に置き換えてください。

試合では、投手の投球練習中、もしくは自分より前の打者との対戦中に、相手投手が重心を落とすタイミングを確認して、一度タイミングを合わせてみてから打席に入るようにしましょう。

野球のバッティング(打撃)で簡単にタイミングを取る方法 まとめ

ここまで読んで頂いてありがとうございます。野球のバッティングにおいて、重要な要素である「タイミングの取り方」について、理解いただけたと思います。

改めて要点を説明すると、「シンクロ・ステップ」とは、打席で確実にタイミングを合わせるために、どんな投手でも必ず行う「重心を落とす動作」に合わせて、自分も重心、もしくは身体の一部を下げてからスイングの動作に入るという方法でした。

打席に入る前に、投手の投球練習や、前の打者との対戦時にタイミングを合わせておけば、初球から自分のスイングをすることができます。

今回解説した方法は、誰でもすぐに実践できて、結果も出せる内容ですので、皆さんも是非「シンクロ・ステップ」を実践して、バッティングで結果を出しましょう!

 

公式LINEアカウントで無料相談・無料プレゼントを実施中!

 BASEBALIaaaN 公式LINE

メッセージを頂いた方へ、限定で無料相談・無料プレゼント実施中!

友達登録はこちら


野球は、経験者が上達するための情報は溢れていますが、初心者が野球を勉強するためのコンテンツは不十分だと考えています。初心者の方が野球を楽しめる状態になるハードルが高すぎるんです!

なので、BASEBALIaaaNでは、公式LINEアカウント(ID:@yti2498t)で、野球初心者の方がスムーズに上達できるよう、野球に関する情報を配信しています!

また、現在LINEトークでの無料相談を実施しています!記事の内容に関わらず、野球で悩んでること、知りたいことがある人は、是非友達登録をして、気軽にメッセージを送ってください。

さらに、メッセージを送ってくれた方限定で、野球に関するノウハウが詰まった、以下の無料PDFをお渡していますので、こちらも是非受けってください。(今後どんどん増やしていく予定です!)

無料プレゼント一覧

  1. グローブ型付けマニュアル
  2. もうタイミングを外さない!シンクロ・ステップを解説
  3. 『タメ』と『トップ』の作り方
  4. 第一回 守備の基本〜①グローブの使い方〜
  5. 第二回 守備の基本〜②ボールの捕り方(基礎編)〜

Copyright© BASEBALIaaaN , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.