【野球初心者必見!】5分でわかる!守備の10のルール



複雑で初心者の方には難しい野球のルールを、野球歴20年の私が徹底解説します!

この記事では、「守備」のことに関するルールをシンプル、且つわかりやすく解説していきます。

この記事を最後まで読んで、野球のプレー、観戦をもっと楽しみましょう!

野球初心者必見!守備のルール:⓪超入門編

まず、最も基本的な内容を解説します!ある程度ご存知の方は飛ばしていただいて構いません。基礎的な内容なので必ず覚えるようにしましょう!

塁(ベース)

野球には、本塁、一塁、二塁、三塁という4つの「塁(ベース)」があります。走者は本塁→一塁→二塁→三塁→本塁の順に進み、本塁に帰ってきたら1点が入ります。

各ベース間は、90フィート(27.432メートル)あります。イングランドが起源のスポーツなので、フィートで測られています。

tamu

中学生以上になると、塁間は90フィートになりますが、小学生以下は21~23メートルの短い距離とする規定になっています!

グランドに引かれた線

グランドには主に3本の線が引かれています。

まず、まっすぐで直角に引かれた青色の2本線がファウルラインと呼ばれて、フェアかファウルかを判断するための線です。(フェア・ファウルの説明は後ほど!)

そして、扇形に引かれた曲線(赤色の線)がインフィールドラインと呼ばれて、インフィールドかどうかを判断する線になります!(こちらも詳細は後ほど!)

その他にも細かい線はありますが、この2種類の線だけ分かっていれば大丈夫です!

野球初心者必見!守備のルール:①ポジション

野球の守備で、選手が守っている場所のことをポジションと言います。下に書いたのが、9つあるポジションの名前です!

  1. ピッチャー(投手)
  2. キャッチャー(捕手)
  3. ファースト(一塁手)
  4. セカンド(二塁手)
  5. サード(三塁手)
  6. ショート(遊撃手)
  7. レフト(左翼手)
  8. センター(中堅手)
  9. ライト(右翼手)

割り振っている番号にも意味があって、スコアを書くときや高校野球の背番号で、ポジションを表すときに使われます。

各ポジションの場所は、以下の図に表したので、図を見て各ポジションの場所をチェックしてください!

野球初心者必見!守備のルール:②フェアとファウル

打者が打ったボールが飛んだ(地面に落ちた)ところによって、『フェア』か『ファウル』が判断されます。ファウルラインの内側がフェアで、外側がファウルになります。

フェアの場合はプレー継続で、ファウルの場合は1ストライクにカウントされます。

守備側がノーバウンドでボールを捕った場合は、フェアかファウルに関わらず、アウトになりますが、記録にはどちらで捕ったか残すことになっています。

tamu

ファウルは、1ストライクにカウントされますが、ファウルで三振にはならないので、すでに2ストライクの場合は、カウントは変わりません。

ただし、2ストライクの状態でバントをしてファウルになると、スリーバントでアウトになります。バントはスイングするよりボールをバットに当てやすいので、ファウルにできる回数が制限されているんです!

野球初心者必見!守備のルール:③インプレーとボールデッド

プレイが動いている状態を「インプレイ」と言います!正式には「ボールインプレイ」と言いますが、普段は「インプレイ」と呼ばれます。

審判が片手を上げて「プレイっ!」と宣言してから、投手(ピッチャー)が投げたり、打者(バッターが打ったり、走者(ランナー)が走ったりしている状態が、インプレイです。

その逆でプレイが止まることがあります。その状態を「ボールデッド」と言います。この状態になると、一旦プレイが止まり、次に審判が「プレイっ!」とコールするまでは、プレイが止まった状態になります。

走者がいる場合はルールで決められた塁に進んだり、戻ったりして、一旦状況が整えられます。

ボールデッドとなるケースをざっとまとめるので、チェックしてください!

ボールデットとなるケース
  1. 投手が投げた球が打者に当たったとき
  2. ファウルボールのとき
  3. ボールがフィールドの外に出てしまったとき
  4. 打撃・守備・走塁妨害が起こったとき

野球初心者必見!守備のルール:④ゴロ、フライ、ライナー

野球では、打った打球が地面にバウンドしたら「ゴロ」、ノーバウンドで弧を描くように飛ぶ打球を「フライ」、ノーバウンドで直線的に飛ぶ打球を「ライナー」と呼びます。

基本的には、守備側に捕球されたときの打球の状態で、ゴロ、フライ、ライナーと呼ばれます!フライやライナーはノーバウンドなので、守備側に捕られるとアウトになります。

野球初心者必見!守備のルール:⑤タッチプレイとフォースプレイ

「タッチプレイ」と「フォースプレイ」は、塁に出ている走者(ランナー)をアウトにする方法のことです。主にこの2つの方法でアウトにされます。

「タッチプレイ」は、名前の通り守備側がボールを持ったグローブもしくは手で走者(ランナー)をタッチしてアウトにすることです。基本的に走者(ランナー)は塁に触れていればアウトにはされませんが、塁を離れていれば、タッチされればアウトになります!

「フォースプレイ」は、少し難しいです!正式に言うとこんな感じです。

フォースプレイ とは、野球やソフトボールで、打者が投球を打つなどして打者走者となったことで、塁上の走者が、規則によりその塁の占有権を失うことが原因で生じるプレイのことをいう。

出典:WIkipedia

簡単に言うと走者が詰まっている状態だと、守備側は走者にタッチしなくても、ボールを持った状態で、走者が向かう先の塁を踏めばアウトになります。これば「フォースプレイ」です。

動画は、走者が一塁にいる状態で、打者が打っています。打者走者が走り出すと一塁が詰まってしまうので、守備側は二塁を踏むだけで、走者をアウトにできるんです!

野球初心者必見!守備のルール:⑥リタッチ

塁に出た走者(ランナー)は、ルールで決められたタイミングで元々いた塁に戻らないといけない場合があります。その帰塁すべき塁に戻ることを「リタッチ」と言います。

リタッチする必要があるタイミングは主に以下の通りです。この時は必ず元々いた塁に一回触れないとダメなので、注意してください!

リタッチが必要なとき
  1. 打者が打った球を守備側がノーバウンドで捕ったとき
  2. ファールとなったとき

野球初心者必見!守備のルール:⑦タッチアップ

打者が打った球を守備側がノーバウンドで捕ったときに、塁に出ている走者はリタッチをする必要があります。リタッチした後、次の塁に向かって走ることを「タッチアップ」と言います。

リタッチのルールは、決められたタイミングで一度塁に触ればOKです!なので、守備側が飛球(フライ)を捕った後に一度塁に触れれば、次の塁に向かって走ってもいいんです!これがタッチアップです。

野球初心者必見!守備のルール:⑧インフィールドフライ

「無死または一死」で「走者が一・二塁もしくは満塁」のときに、インフィールド内(写真の赤線の内側)にフライが上がった場合に、野手がノーバウンドで捕る・捕らないに関わらず、打者走者がアウトとなるプレーをインフィールドフライと呼びます。

このルールは、野手が故意にフライを落とした場合に、一度に2つ以上のアウトを取れてしまうことを防ぐことを目的としています。

野球初心者必見!守備のルール:⑨エンタイトル○ベース

打者が打った打球がフェアゾーンで、バウンドしてフェンスを越えたり、野手が暴投して場外に出たりするとエンタイトル◯ベースのとなります。

◯の中には数字が入って、走者がその数字の数だけ無条件で先の塁に進めます!

打球がバウンドしてフェンスを越えたらエンタイトル2ベース、野手の暴投が場外に出たらエンタイトル1ベース、などと決められた数字が審判はから宣言されます。

守備側としては、こうならないように守りたいところです!

野球初心者必見!守備のルール:⑩守備妨害と走塁妨害

守備側が守ろうとしているのを、遮ったり、邪魔したりする行為を「守備妨害」と言います。

走者がしてします守備妨害としては、打者が打った球に当たったり、球を捕ろうしている野手にぶつかったりすると守備妨害を取られて、アウトになってしまいます。

逆に、守備側が走者の邪魔をする「走塁妨害」もあります。球を持っていない守備側の選手が、走者にぶつかったり、走者の走るコースを塞ごうとしたりすると、守備側が「走塁妨害」となり、走者は1つ進塁することができます。

野球初心者必見!守備のルール まとめ

最後まで読んで頂きありがとうございます!ここまで読んで理解してもらえれば、野球をするのも、観るのも今まで以上に楽しめると思います。

あとは、プロ野球見たり、実際に野球をして経験を積めば、全て理解できるようになりますので、しっかりルールを覚えて、是非野球を楽しんでください!!








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です