大谷翔平選手が日本人初のMLBでサイクルヒット達成!改めて大谷選手の野球伝説5選をまとめてみた



日本人で初のメジャーリーグでのサイクルヒット!エンゼルスの大谷翔平選手がまた新たな伝説を作りましたね。本当に凄まじい活躍です!!

今後も新たな伝説を作り続けるであろう大谷翔平選手の、これまでの偉業を改めて振り返ろう!ということで、勝手にまとめましたので、彼の凄さを改めて感じちゃってください。

大谷選手の野球伝説5選:①花巻東高校時代に高校生初の160キロを叩き出す!

まず野球ファンに衝撃を与えたのが、大谷翔平選手が花巻東高校3年生の時に叩き出した160キロです!

この数字だけでも凄いですが、通常最も球速が出やすいのは高めに浮いたボールですが、大谷選手は低めの球で160キロを出しています。。

今でこそ高校生で150キロ投げる投手がゴロゴロいますが、私が高校生の時は140キロを越えたら有名になれるという感覚でした。それを考えると大谷選手は、恐ろしい投手ですね。。

大谷選手の野球伝説5選:②プロ2年目で投手で10勝&打者で本塁打10本を達成!

日本ハムに入団して、プロ2年目で投手で10勝、打者で10本塁打という偉業を成し遂げました!

打者と投手の二刀流で賛否両論がある中で達成した偉業で、世界的に見ても野球界の偉人 ベイブルース以来の記録ということもあり、誰もが大谷選手の実力を認めざるを得ない結果となりました。

大谷選手の野球伝説5選:③日本シリーズで日本最速の165キロを記録!

そして、ついに日本最速の165キロを出します。ウッチー(内川選手)の驚いた顔が何度放送されたことか、、笑

これまで、日本で160キロを超えた選手は8人だけで、大谷選手が165キロを出すまでは、当時巨人にいたクルーン選手が出した162キロが最速でした。日本人でいえば、由規選手の161キロが最速。そんな中、大谷選手が165キロを出したときは、衝撃的でした。

私も150キロを投げる投手なら対戦したことはありますが、150キロでも速すぎなので、165キロは想像を絶しますね。。とにかく、大谷選手はこれまでの選手を凌駕する才能の持ち主ということです!

大谷選手の野球伝説5選:④「1番投手」で出場し初球先頭打者本塁打を放つ!

2016年7月3日に「1番・投手」で出場した大谷選手が、試合開始直後に初球先頭打者本塁打を放ちました!圧倒的なスター性を持った選手ですね。

しかもその試合で、投げては8回無失点で10奪三振。二刀流で大活躍でした!今後このような選手は現れないのでは無いか?と思わせる活躍っぷりです。

大谷選手の野球伝説5選:⑤二刀流でメジャー新人王を獲得!

2018年、ついに大谷選手がメジャーリーグに移籍します。二刀流でプレーができることを条件に選んだのが、ロサンゼルス・エンゼルス。

オープン戦こそ苦戦しますが、シーズンに入ると不安を振り払うように結果を残して、最終的には打者として104試合に出場し、打率.285、22本塁打、61打点投手として10試合に投げ、4勝2敗、防御率3.31という成績を残し、メジャーリーグでの新人王を受賞しました!

大谷選手の野球伝説5選 まとめ

大谷翔平選手の数々の伝説はいかがでしたか?どれも有名なので、すでに知っているものばかりかもしれませんが、いつ見ても興奮しますよね!

2018年のシーズンオフに右肘のトミー・ジョン手術を受けた大谷選手は、肘を回復させルため2019年は打者に専念しています。そして現在エンゼルスの3番打者として、どんどん調子をあげています!

今後のさらなる活躍に大注目ですね!!