その他アイテム

野球用バッティンググローブ(手袋)は必要?メリット・デメリットと人気おすすめ5選を徹底解説!

ヘボ球くん
バッティンググローブって必要なんすか〜?
ヘボ球くん!いい質問だな!必須アイテムじゃないから、本当に必要なのかは気になるよな!
うま球くん
ヘボ球くん
着けてるとカッコよく見えるから、欲しいとは思うけど、着ける意味は知りたいっすー!
よし!じゃあ今回はバッティンググローブについて解説するぞ!
うま球くん
ヘボ球くん
お願いするっすー!

野球のバッティンググローブは、ボールやグローブ、バットと違って、必須アイテムではありません。

でも、プロ野球や高校野球では、ほぼ全ての選手が着けているので、着けるかどうか迷いどころだと思います。

そこで、今回は野球歴20年以上の私が、野球用バッティンググローブについて解説します!

こんな方におすすめ

    • バッティンググローブのメリット・デメリットを知りたい。
  • バッティンググローブを着けた方が良いのかどうかが知りたい
  • どのバッティンググローブを選べば良いかを教えて欲しい。

バッティンググローブは、着けても着けなくても、どちらでも良いだけに、選択の基準がないとどうしても迷ってしまいます。

是非最後まで読んで、選び方の知った上で、自分にあったスタイルを決めてください!

また、野球を始める時に何を買ったらいいか?をまとめた記事もありますので、初心者の方は是非こちらもチェックしてみてください。

あわせて読みたい
野球初心者の大人が準備すべき野球道具一式を野球歴20年の私が徹底解説!!

草野球を始めるんだけど、何を準備したらいいかわからないっすー!ヘボ球くん うま球くんヘボ球くん!かなり悩んでるな。大人になって野球を始めると、周りに教えてくれる人もいないから、道具選びは難しいよな! ...

続きを見る

野球用バッティンググローブ(手袋)って何?

バッティンググローブとは、野球でバッターが打席に入るときに着ける手袋のことです。

ゴルフでは片手にしかグローブを着けませんが、野球のバッティンググローブは両手に着用します。(ちなみに、ゴルフはクラブの握り方の特性上、利き手のクラブに触れる面積が狭いので、片手にしか着けません)

主な目的は、バットと手が滑らないようにすることです。手のグリップ力が強まると、バットにより力が伝わって打球の飛距離が伸びるんです。

また、木製バットを使う場合、バットの握る部分が滑りやすいので、スプレーで松脂(滑り止め)を吹きかけるのですが、その際に松脂が手に直接付かないようにする役割もあります。(手につくとボールを投げる時の感覚が狂ってしまうリスクがあります)

その他にも目的がありますが、そこは次のメリット・デメリットで解説します!

野球用バッティンググローブ(手袋)のメリット・デメリットを解説!

バッティンググローブとは何かがわかったところで、次はメリット・デメリットを解説します!

野球用バッティンググローブ(手袋)のメリット

バッティンググローブを着けるメリットは、以下の3つです。

バッティンググローブのメリット

  • 滑り止めにより強く握れる
  • 手の皮を保護できる
  • インパクト時の手への衝撃を緩和できる

それぞれ簡単に解説していきます!

バッティンググローブのメリット:①滑り止めにより強く握れる

バッティンググローブの一番の目的は、バットと手が滑らないようにすることなので、着用するとグリップ力が高まり、バットをより強く握ることができます。

バットを強く握れると、バットに力が伝わりやすくなり、強い打球が飛ぶようになります。

バッティンググローブのメリット:②手の皮を保護できる。

バットを振ると手の皮がバットと強く擦れるので、何回も振っていると手の皮がめくれてしまうのですが、バッティンググローブをしていれば、手へのダメージを緩和することができます。

また、走塁時もそのまま着用すれば、スライディングやクロスプレイでの手の怪我を防止することもできます。

バッティンググローブのメリット:③インパクト時の手への衝撃を緩和できる。

バットがボールに当たる瞬間(インパクト時)には、バットのどこに当たるかにもよりますが、手に衝撃がきます。

軟式であれば、それほど感じませんが、硬式の場合すごい衝撃がきます。バットの先っぽや根元に当たったらもう最悪です。(めちゃくちゃ痛いです)

バッティンググローブを着けていれば、そのインパクトの衝撃を少し緩和できます。軟式は元々あまり痛くないので、バッティンググローブを着けていれば、今身はほぼ感じなくなると思います。

野球用バッティンググローブ(手袋)のデメリット

バッティンググローブの着けることのデメリットは、以下の2つです。

バッティンググローブのデメリット

  • 素手感覚が薄れる
  • 若干手首が固定される感覚がある

こちらも簡単に解説します!

バッティンググローブのデメリット:①素手感覚が薄れる

バッティンググローブを着けると、バットを握った時に、バットに触れている感覚が素手に比べて僅かに薄れます。

これは完全に好みの問題ですが、手の感覚を重視する人にとっては、素手感覚が薄れてしまうデメリットがあります。

バッティンググローブのデメリット:②若干手首が固定される感覚がある

これも完全に好みの問題ですが、バッティンググローブは手首でマジックテープを止めて固定して着用するので、若干手首が固定される感覚があります。

バッティングにおいて手首を柔らかく使うことは重要なので、固定される感覚を嫌う人にはデメリットとなります。

 

以上が、バッティンググローブを着けるメリットとデメリットです。

野球用バッティンググローブ(手袋)は着けた方が良いの?

結論を言うと、着けるか着けないかを迷うのであれば、バッティンググローブは着けるようにください!

メリット・デメリットも見て感じられたかと思いますが、バッティンググローブは着用するメリットの方が大きいです。

打球が強くなる上に、手の保護までできるので、野球に熱心に取り組む人ほど、恩恵を受けられると思います。

デメリットは感覚的な問題なので、よっぽどこだわりがある人以外は、バッティンググローブを着けるようにしましょう!

メリットには書きませんでしたが、バッティンググローブを着けた方がカッコよさと野球やっている感もありますよ!笑

野球用バッティンググローブ(手袋)人気おすすめ5選

これまでの解説を踏まえて、「バッティンググローブを着けよう!」と思われたあなたに、野球歴20年以上の私がバッティンググローブの人気おすすめ5選を紹介します!

おすすめ順に紹介していきますので、是非自分にあったバッティンググローブを見つけてください。

バッティンググローブを選ぶときの3つの注意点

おすすめのバッティンググローブを紹介する前に、選ぶときの注意点を簡単に説明します。

選ぶときに注意すべきポイントは以下の3つです。

バッティンググローブを選ぶときの注意点

  • 少しきつめのサイズを選ぶ
  • 高校野球では黒一色か白一色しか使えない
  • 多少派手でもOK

それぞれ簡単に解説します。

バッティンググローブ選びの注意点:①少しきつめのサイズを選ぶ

バッティンググローブは、バットとのグリップ力が命ですか、手とバッティンググローブがズレないことも重要です。

大きめのサイズを選んでしまうとバットを振ったとき滑ったのと同じ状態になってしまいます。

なので、ジャストサイズもしくは、少しきつめのサイズを選ぶようにしてください!

バッティンググローブ選びの注意点:② 高校野球では黒一色か白一色しか使えない

高校野球では、高校野球連盟の取り決め上、バッティンググローブは、黒一色か白一色しか使えません。

なので、高校野球をしている人は、色を選ぶときは注意しましょう!

バッティンググローブ選びの注意点:③多少派手でもOK

バッティンググローブは結構カラフルなモデルが多いので、「派手なのは選びにくいな〜」と思う人も多いと思います。

でも、野球はユニフォーム自体がシンプルなので、意外と何を選んでもおかしくないです。むしろ少し派手な方がカッコ良いので、気にせず派手なバッティンググローブを選んでみてください!

 

以上の3つを注意した上で、自分にあったバッティンググローブを選んでください!それでは、人気おすすめのバッティンググローブを紹介します!

人気おすすめのバッティングローブ:①SSKプロエッジ バッティンググローブ

SSKプロエッジのバッティンググローブは、機能性、耐久性、値段をバランスよく備えた、万人にオススメできるバッティンググローブです。

掌の部分が、DUAL GRIPというタイヤから着想を得た溝の形になっていて、グリップ力が非常に高いです。そして、素材が合成皮革なので耐久性にも優れています。

これを4,000円程度で買えるのはかなりお得です!まず初めに買うバッティンググローブは、是非SSKプロエッジを選んでください!

人気おすすめのバッティングローブ:②ミズノ シリコン パワーアーク

ミズノプロ(ミズノの最上位クラス)のバッティンググローブであるパワーアークは、ミズノのこだわりが詰まった、高性能なグローブです。

手の甲に配置された樹脂パーツで、握る際に反対方向にテンションをかけることで、握り返す力を生み出され、より力が伝わりやすくなります。

また、天然皮革は汗でグリップ力が落ちる弱点がありますが、それを軽減させる特殊加工が施されています。

こだわりが詰まっている分、価格がそれなりにしますが、クオリティは間違いないので、最終的には使って欲しいバッティンググローブです。

人気おすすめのバッティングローブ:③アンダーアーマー Undeniable Batting Glove

バッティンググローブは、手の力をよりバットに伝えるために、手のフィット感が非常に重要です。

そして、このアンダーアーマーのバッティンググローブは、手のフィット感が非常に高いモデルです。

掌には羊革が使われており、素材も柔らかいので、機能性が非常に高いです。

一つ上のレベルのバッティンググローブを使いたい人は、おすすめのバッティンググローブです!

人気おすすめのバッティングローブ:④ZETT インパクトゼット

インパクトゼットのバッティンググローブは、耐久性とグリップ力に優れたモデルです。

掌の合皮部分に施されたZETT独自のエンボス加工(凹凸を着ける加工)で、グリップ力が高められています。

値段もお手頃なので、部活などで毎日使う人から草野球まで、幅広い人に受け入れられるバッティンググローブです。

値段と耐久性を両立させたい人にオススメです!

人気おすすめのバッティングローブ:⑤adidasバッティンググラブ 5-TOOL

アディダスのバッティンググローブの5-TOOLは、バッティンググローブの入門編として最適です。

合皮を使ったそれなりに耐久性があり、ストレッチニットによる使いやすさがあるバッティンググローブで、とにかく価格がめちゃくちゃ安いです。

しかも、カラーバリエーションが豊富で、デザイン性が高く、ダサくならないのが良いですね。

バッティンググローブを安く試したい人にはオススメです!

野球用バッティンググローブ(手袋)解説 まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます!今回解説した内容を、ざっと振り返ります。

まず、バッティンググローブとは、打撃の際に着用する手袋のことでした。

そして、着用するメリット・デメリットはこちら。

バッティンググローブのメリット

  • 滑り止めにより強く握れる
  • 手の皮を保護できる
  • インパクト時の手への衝撃を緩和できる

バッティンググローブのデメリット

  • 素手感覚が薄れる
  • 若干手首が固定される感覚がある

結論として、私がおすすめするのは、「バッティンググローブを着用すること」です。

 

バッティンググローブは、着けた時のデメリットがほとんどありません。一部感覚的に嫌う人がいるので全員にとって良いとまでは言いませんが、大部分の人には力になってくれるアイテムです。

なので、着けるか着けないか迷うようであれば、是非一度使ってみることをおすすめします!

公式LINEアカウントで無料相談・無料プレゼントを実施中!

 BASEBALIaaaN 公式LINE

メッセージを頂いた方へ、限定で無料相談・無料プレゼント実施中!

友達登録はこちら


野球は、経験者が上達するための情報は溢れていますが、初心者が野球を勉強するためのコンテンツは不十分だと考えています。初心者の方が野球を楽しめる状態になるハードルが高すぎるんです!

なので、BASEBALIaaaNでは、公式LINEアカウント(ID:@yti2498t)で、野球初心者の方がスムーズに上達できるよう、野球に関する情報を配信しています!

また、現在LINEトークでの無料相談を実施しています!記事の内容に関わらず、野球で悩んでること、知りたいことがある人は、是非友達登録をして、気軽にメッセージを送ってください。

さらに、メッセージを送ってくれた方限定で、野球に関するノウハウが詰まった、以下の無料PDFをお渡していますので、こちらも是非受けってください。(今後どんどん増やしていく予定です!)

無料プレゼント一覧

  1. グローブ型付けマニュアル
  2. もうタイミングを外さない!シンクロ・ステップを解説
  3. 『タメ』と『トップ』の作り方
  4. 第一回 守備の基本〜①グローブの使い方〜
  5. 第二回 守備の基本〜②ボールの捕り方(基礎編)〜

Copyright© BASEBALIaaaN , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.