【野球初心者必見!】5分でわかる!投手(ピッチャー)の10のルール



複雑で初心者には難しい野球のルールを、野球歴20年の私が徹底解説します!

この記事では、「投手(ピッチャー)」のことに関するルールをシンプル、且つわかりやすく解説していきます。

この記事を最後まで読んで、野球のプレー、観戦をもっと楽しみましょう!

野球初心者必見!投手(ピッチャー)のルール:⓪超入門編

まず、最も基本的な内容を解説します!ある程度ご存知の方は飛ばしていただいて構いません。基礎的な内容なので必ず覚えるようにしましょう!

マウンドとプレート

マウンドとは、投手(ピッチャー)が投げるためにグランドに盛り土をしたピッチャーズマウンド(Pitcher’s mound)のことです。

直径は18フィート(約5.4m)の円形に土を盛り上げた構造で、高さは10インチ(254mm)と決められています。

そのマウンドの中央に埋め込まれた、板のことをプレート(投手板)と言います。投手はこの板に触れた状態で投球動作に入る必要があります。

プレートも場所とサイズが決めらており、サイズは横24インチ(約61cm)、縦6インチ(約15cm)の長方形で、場所はホームベースの五角形の先端から60.5フィート(18.44m)に設置されます。

投手はこのマウンドとプレートを使って、打者(バッター)に対して球を投げるんです。

捕手(キャッチャー)に向かって投げる

捕手(キャッチャー)は、本塁(ホームベース)の周辺を守備範囲として、投手(ピッチャー)の球を捕るポジションになります。球を受けるだけじゃなく、投手にサインを出して、球種やコースを指示する役割もあります。

また、球場の全体を見渡せる捕手は、野手のポジションの指示やホームベースを守る任務もあり、司令塔のようなポジションです。その捕手に向かって、投手は球を投げることになります。

野球初心者必見!投手(ピッチャー)のルール:①投球する

投手が捕手に向かって球を投げることを、「投球する」と言います。野球は投手が投球することから始まりますので、最も基本的なプレーと言っていいでしょう!

投球するまでの流れをざっくり4項目で書きました!動画と合わせてチェックしてください。

  1. 捕手のサイン見る
  2. 投球開始の体勢を取る
  3. 投球動作に入る
  4. 球を投げる

この投球動作の内、注意すべきルールは以下の3つ。これを抑えとけば、とりあえず投手になれます。

投球時に注意すべきルール
  • ①〜③はプレートに触れておく必要がある。
  • 投球動作に入ったら止まってはいけない。
  • 球を落としてもダメ。

野球初心者必見!投手(ピッチャー)のルール:②ワインドアップとセットポジション

投手の投球姿勢には、ワインドアップポジションとセットポジションの2種類があります。それぞれの動作と特徴を簡単に解説します。

ワインドアップポジション

ワインドアップポジションとは、軸足をプレートにつけ、もう片方の足を好きな方向(主に後ろ)に踏み出してから投球動作に入る投げ方のことです。

この投球姿勢では、両腕を振りかぶって投げられることが多いため、"ワインドアップ"ポジションと言います。通常はポジションを省略して、ワインドアップと呼びます。

この投球姿勢だと、投球動作に入ってから球を投げるまでに時間がかかり、盗塁をされる可能性が高いため、主に走者(ランナー)いない時に使われます!

ワインドアップの特徴
  1. 軸足ではない足を好きなところに踏み出せる
  2. 投球動作に時間がかかる
  3. 主に走者がいない時に使われる

セットポジション

セットポジションとは、ワインドアップと比べて、足の位置や動作が制限された投球姿勢です。動作を簡単にまとめます。

  1. 軸足をプレートにつけて、もう片方の足はプレートの前方に置く
  2. 初めは片方の手を下ろした状態して、捕手のサインを見るなど準備をする
  3. 球を身体の前方で両手で持ち、完全に静止する。
  4. 軸足じゃない方の足を前方に踏み出して投球をする

セットポジションは、投球動作が短く、球を両手で持って静止した後に、牽制球を投げることができるので、走者がいる時に適した投げ方になります。

セットポジションの特徴
  1. 足の置き方、球を両手で持ってからの動作が決められている
  2. 投球動作が短く、牽制球も投げられる
  3. 主に走者がいる時に使われる

野球初心者必見!投手(ピッチャー)のルール:③ストライクとボール

投手が打者(バッター)と対戦するときに、勝負を決める方法として、「ストライク」と「ボール」をカウントします。

「ストライク」は、以下の条件でカウントされ、3つ溜まるとバッターはアウトになります。

ストライクになる条件
  1. 打者が空振りする
  2. 打者がストライクゾーンの球を見逃す
  3. 打者がファール(後述)を打つ

「ボール」は、打者がバットを振らずに見逃し、球がストライクゾーンに入っていなければボールになります。

ボールが4つ溜まると、四球(フォアボール)となり打者が一塁に進んでしまいます。

ちなみに、投げたボールが打者の身体に当たると死球(デットボール)となり、打者が一塁に進んでしまいます。

この「ストライク」「ボール」に、「アウト」を加えたものをまとめて「カウント」と呼びます!

個別で、数字を表すときは「ストライクカウント」「ボールカウント」のように呼びます。

tamu

野球中継や野球場でよく見る、S・B・Oとかかれた、こんなやつがカウントを表してます!

わかると思いますが、Sがストライク、Bがボール、Oがアウトになってます。

野球初心者必見!投手(ピッチャー)のルール:④三振

投手が、打者から3つのストライクを取ると「三振」となり打者はアウトになります!

3つ目のストライクが溜まる時に、バットを振って空振りしていたら「空振り三振」、バットを振らずに見逃していたら「見逃し三振」と呼びます。

また、三振をしたときに、投手が投げた球を捕手が捕る前に球が地面についたら、「振り逃げ」と言って、打者は打ってないのに一塁に向かって走ることができます!

打たれた時と同じように、球が一塁に送られる前にベースを踏めばセーフとなり、出塁されてしまいます。

野球初心者必見!投手(ピッチャー)のルール:⑤四球(フォアボール)と死球(デッドボール)

ボールのカウントが4つ溜まると「四球(フォアボール)」となり、一塁へ出塁できます。

また、投手が投げた球が打者の体に当たると「死球(デットボール)」となり、こちらも一塁へ出塁できます。

打たずに出塁する方法は、四球と、死球と、振り逃げの3つだけになります!

野球初心者必見!投手(ピッチャー)のルール:⑥フェアとファウル

打者が打ったボールが飛んだ(地面に落ちた)ところによって、『フェア』か『ファウル』が判断されます。ファウルラインの内側がフェアで、外側がファウルになります。

フェアの場合はプレー継続で、ファウルの場合は1ストライクにカウントされます。

守備側がノーバウンドでボールを捕った場合は、フェアかファウルに関わらず、アウトになりますが、記録にはどちらで捕ったか残すことになっています。

tamu

ファウルは、1ストライクにカウントされますが、ファウルでは三振にならないので、すでに2ストライクの場合は、カウントは変わりません。

ただし、2ストライクの状態でバントをしてファウルになると、スリーバントでアウトになります。

バントはスイングするよりボールをバットに当てやすいので、ファウルにできる回数が制限されているんです!

野球初心者必見!投手(ピッチャー)のルール:⑦牽制球

打者が塁に出ると走者(ランナー)となり、次の塁に進むために、塁を離れて次の塁に近づく「リード」をしてきます。

リードをした走者にプレッシャーを与えたり、アウトしにしたりするため、投手(ピッチャー)や捕手(キャッチャー)が塁に向かって球を投げることを「牽制球」と言います。

牽制球は投手が投げることが多いですが、走者のリードが大きかったり、油断していたりすると捕手からも牽制します!

投手からの牽制球

捕手からの牽制球

野球初心者必見!投手(ピッチャー)のルール:⑧ボーク

ボークとは、投手の投球や塁への送球における反則行為のことで、ボークになると、走者がいる場合は進塁、いない場合はボールとなります。

ボークとなるプレーは公認野球規則で定められており、以下の13項目が挙げられます。どの項目に触れても同じように、進塁かボールとなるので、投手をする場合は、まず抑えておくべきルールです!

ボークとなる13項目
  1. 投球板(プレート)に触れて投球動作を途中で止めた。
  2. 投球板に触れた状態で、塁へ送球する真似をした。
  3. 投球板に触れた状態で、自由な足を牽制方向に踏み出さず牽制した。
  4. 投球板に触れた状態で、走者のいない塁に送球もしくはその動作をした。
  5. 反則投球を行った。
  6. 打者と正対する前に投球した。
  7. 投球板に触れずに投球した。
  8. 不必要な送球等で試合進行を遅らせた。
  9. ボールを持たずに投球板に触れる、跨ぐ、投球する真似をした。
  10. 正規の投球姿勢をとった後、投球・送球以外でボールから手を離した。
  11. 投球板に触れた状態で、ボールを落球した。
  12. キャッチャーボックスに両足が入っていない捕手に投球した。
  13. セットポイントで完全に静止しなかった。
tamu
ボークは野球経験者でもしてしまうことがある反則で、高校野球などでボークによってサヨナラ負け、、なんてことも実際あります。

野球初心者必見!投手(ピッチャー)のルール:⑨投手交代

野球では選手交代して1度ベンチに下がると、もう試合に出れません!これは全ての選手が同じです。

これに加えて、投手の交代には以下2つの特別ルールがあります!

投手交代の特別ルール
  1. 1人目の打者がアウトになるか、塁に出るまで投げないとダメ。
  2. 投手が別の守備位置に変わった場合、次の変更は投手に戻る以外はダメ。(他の守備位置には変われない)
②はあまりないケースなので、①だけ知っておけば大丈夫です!

野球初心者必見!投手(ピッチャー)のルール:⑩危険球

投手が投げた球が、打者の頭に当たったり、頭の辺りを何度も通過したりすると、審判は危険球として投手を退場させることができます。

軟式の柔らかい球ならまだしも、硬式の石のような球が頭に当たれば、命に関わるため、それを防ぐためのルールになってます!

tamu
プロ野球では、投手がデッドボールや危険球を投げると乱闘になります!最近はあまり見ないですが、プロ野球ならではの面白いシーンですね!

野球初心者必見!投手(ピッチャー)のルール まとめ

最後まで読んで頂きありがとうございます!ここまで読んで理解してもらえれば、野球をするのも、観るのも今まで以上に楽しめると思います。

あとは、プロ野球見たり、実際に野球をして経験を積めば、全て理解できるようになりますので、しっかりルールを覚えて、是非野球を楽しんでください!!








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です