プロ野球中継をネット配信で観るならDAZN(ダゾーン)一択の理由



プロ野球中継のネット配信サービスは数多くあって、どれを選ぶかめちゃくちゃ悩む。。

色々調べて、使ってみた末に、私は気づきました。

"選ぶならDAZN一択"だとっ!

DAZNの魅力はたくさんあります。

DAZNの魅力
  • いつでも、どこでもプロ野球が観れる
  • プロ野球ネット配信で最多10球団の試合が観れる
  • MLBや野球以外のスポーツも観戦できる
  • 最大4ヶ月間の一時停止ができてオフシーズンはお金がかからない
  • 無料お試しが期間が1ヶ月ある
  • ドコモユーザーは安く使える
これだけの魅力があるので、すぐにでも1ヶ月無料で試して欲しいです!

まだ、悩んでいるあなたに向けて、野球歴20年で大の野球ファン、そしてDAZNユーザーの私が、DAZNの魅力をより詳しく解説します!!

まとめ記事も書いてますので、他のネット配信サービスも知りたい方は合わせてチェックしてください。

【野球ファン必見!】プロ野球中継のネット配信人気おすすめ5選を徹底解説!

2019.09.20

プロ野球中継のネット配信サービスがDAZN(ダゾーン)一択の理由




ネット配信サービスは数多くありますが、DAZNが総合的に優れているので、プロ野球中継をいつでも、どこでも観たい人にはDAZNが最もおすすめです!

DAZNを使うメリットを、他のネット配信サービスとの比較しながら解説していきます!

DAZN(ダゾーン)のメリット:①最多10球団の試合が観れる

まず、こちらの表を見てください!

【2019年】プロ野球ネット中継サービス
VOD 料金
セ・パ配信(ヤクルト・広島カープ主催試合除く) DAZN 月額1,750円(ドコモは980円)
パ・リーグ主催全試合 楽天TV
月額690円(年間5,500円)
パ・リーグLIVE 月額462円
パ・リーグTV 月額1,450円
ヤクルト主催試合 FODプレミアム 月額880円
広島カープ主催試合 J SPORTS 月額1,800円(25歳以下は900円)

この表には、プロ野球中継を配信している主要なビデオオンデマンド(以下、VOD)をまとめています。

実は、VODではプロ野球12球団の全試合を配信しているものはありません。。

そんな中、DAZNはVODで最多10球団の主催試合を観ることができます!

DAZNが対応していない広島カープ、ヤクルトスワローズファン方以外は、迷わずDAZNを選ぶべきです。

DAZN(ダゾーン)のメリット:②プロ野球以外のスポーツも観戦できる

DAZNではプロ野球だけではなく、それ以外のスポーツも観戦できます。

特に嬉しいのが、メジャーリーグ(以下、MLB)を観れることです!私は、大谷選手や田中選手の活躍をいつもDAZNで観ています。

MLB以外にも大量のスポーツが観れるので、野球に限らずスポーツ観戦が好きという方には、たまらないサービスですね。

DAZNで観れるスポーツ
  • 野球(プロ野球、MLB)
  • サッカー(Jリーグ、海外サッカー)
  • バスケットボール
  • ラグビー
  • アメリカンフットボール
  • テニス
  • 自転車競技
  • ボクシング
  • ゴルフ
  • 総合格闘技
  • バレーボール
  • ダーツ
tamu

ちなみに、JSPORTSもスポーツ特化のVODで、その他複数のスポーツを観戦できますが、プロ野球でいうと広島カープの主催試合しか見れないので、プロ野球ファンにはあまりおすすめできません。

ただし、JSPORTSでは社会人・大学野球・高校野球といったアマチュア野球を観れるので、プロ野球に加えてアマチュアも観たい野球マニアは、DAZNとあわせてJSPORTSにも入りましょう!

DAZN(ダゾーン)のメリット:③最大4ヶ月間一時停止ができて、オフシーズンはお金がかからない

DAZNでは、観たいスポーツがオフシーズンの時に、無駄な料金が発生しないよう、契約を一時停止にする機能があります。

一時停止は最大4ヶ月間できるので、プロ野球が放送されない11月〜2月までを停止すれば、無駄なお金を払わずに利用することができます!

これはスポーツに特化したVODならではのサービスですね!

ドコモ、Apple経由で支払いしている人は、一時停止はできませんのご注意を。

DAZN(ダゾーン)のメリット:④1ヶ月間の無料お試し期間がある

DAZNには、1ヶ月間の無料お試し期間があります。使い始めて1ヶ月以内であれば、料金がかからず、退会することもできます。

tamu
無料お試し期間なら、全くのノーリスクで1ヶ月間VODが楽しめますよ!

他のVODでは、無料お試し期間がなかったり、初月が無料なだけで退会すると違約金が発生するなど、なかなか試しにくいので、VOD自体がどのようなものか知りたい・使ってみたいという方にとってもDAZNは試しやすくなっています!

DAZN(ダゾーン)のメリット:⑤ドコモユーザーは安く使える

DAZNは、通常月額1,750円ですが、ドコモユーザーの方は月額980円で使うことができるんです。

ドコモのdアカウントか、携帯番号等を入れれば、ドコモユーザーとして申し込みができます。

当然1ヶ月の無料お試し期間も使えるので、いらない場合は退会してしまえば大丈夫!

1,000円近く安い金額で使えるドコモユーザーには、さらにDAZNがおすすめです!

プロ野球をDAZN(ダゾーン)で観るときのデメリット

メリットの話ばかりしてきたので、DAZNのデメリットについても解説します!

DAZNはプロ野球中継の配信に強いVODですが、デメリットはありますので、それをわかった上で試してみてください。

DAZN(ダゾーン)のデメリット:①ヤクルトとカープの主催試合が観れない

DAZNでは、ヤクルトとカープの主催試合、つまりこの2チームのホームゲームが観れません。

ヤクルトとカープのファンは当然ですが、それ以外の球団のファンも、自分の好きな球団の試合を全試合観ることはできません。

ただし、その他のVODでも、基本的には対象球団のホームゲームしか観れないので、10球団に対応しているDAZNが最も多くの試合を観れることに変わりはありません!

ヤクルト、カープのファンは考えるべきだと思いますが、それ以外の球団のファンは、一番多くの試合を観れるDAZNを選びましょう。

DAZN(ダゾーン)のデメリット:②テレビ中継より少し遅延する

これはどのVODでも言えることですが、VODはネット中継のため、テレビ中継より少し遅延してしまいます。

VODだけを観ている分には全く問題ありませんが、テレビを観ている人と話しながら、、など、他から情報を聞いてると、ネタバレされてしまう可能性がありますので、ご注意ください!

DAZN(ダゾーン)のデメリット:③動画視聴のデータ容量が大きい

これもどのVODでも言えることですが、動画視聴をすると、かなりのデータ容量を使ってしまいます。

試しにやってみると、10分程度の視聴で、54MB消費しました。

動画によって変動はあると思いますが、1時間みると300MB程度消費するので、データ容量に制限がある方は使い過ぎに注意が必要です!

できればWi-fiが使えるところで観るようにしましょう!

プロ野球中継をネット配信で観るならDAZN(ダゾーン)一択の理由 まとめ

ここまで読んで頂きありがとうございます。改めてDAZNの魅力をおさらいします!

DAZNの魅力
  • いつでも、どこでもプロ野球が観れる
  • プロ野球ネット配信で最多10球団の試合が観れる
  • MLBや野球以外のスポーツも観戦できる
  • 最大4ヶ月間の一時停止ができてオフシーズンはお金がかからない
  • 無料お試しが期間が1ヶ月ある
  • ドコモユーザーは安く使える

VODの中で最多10球団の主催試合が観れるDAZNは、最もプロ野球が楽しめるVODです!

  • プロ野球を観たいけど、TV中継している時間に家に帰れない!
  • ニュースのハイライトもいつも見逃してしまう。。
  • いつでも・どこでもプロ野球が観たい!!

という悩みを抱えるプロ野球ファンを救えるのはDAZNしかありません!

無料お試し期間もあるので、是非この機会に試してみてください!!