人気野球メーカー アシックス(asics)のグローブを徹底解説【おすすめ・選び方も解説します!】



アイキャッチ画像出典:https://a.r10.to/hfTzz2

アシックスといえばシューズのイメージが強いですが、アシックスのグローブは、エンゼルスの大谷選手が愛用するなど、多くのプロ選手に使われています!

実は2013年から本格的に野球事業をスタートしたので、まだ歴史は浅いですが、すでに主要メーカーとして名を連ねているんです。

tamu

歴史が浅いため、まだ解説記事が少ないですが、今後どんどん成長していくアシックスのグローブについて、野球歴20年の私が徹底解説します!!

この記事を読めば、

  • アシックスのグローブの種類がわかります!
  • アシックスのグローブの特徴がわかります!
  • どのグローブを選べばいいかがわかります!

是非最後まで読んで、自分に合ったアシックスのグローブを見つけてください!

初心者の方向けの記事も書いているで、基本的なことを知りたい人はこちらをチェックしてください。

初心者でもわかる!野球道具の選び方 〜グローブ編〜

2018.08.01

野球用グローブ(グラブ)人気おすすめメーカー10選【初心者でも失敗しない選び方も解説します!】

2019.04.29

人気おすすめ野球メーカー アシックス(asics)はどんなメーカー?

アシックスは、1945年に神戸で創業した鬼塚株式会社を中心として、1977年にスポーツ用品メーカー3社が合併して誕生した総合スポーツ用品メーカーです。

アシックスの社名の由来は、古代ローマの風刺作家ユベナリスの「Anima Sana In Corpore Sano(もし神に祈るならば健全な身体に健全な精神があれかしと祈るべきだ)」という言葉です。

その言葉通り、「スポーツによる青少年の健全な育成」に向けて、スポーツシューズを中心として幅広い製品を販売しています。

野球については、スパイクは古くから作っていましたが、本格的に事業を開始したのは2013年。

にもかかわらず、すでに野球用品の主要メーカーとして、プロ野球選手をはじめ多く選手に使われています!

今後の更なる成長も期待できますね!

野球用グローブ(グラブ)人気おすすめメーカー10選【初心者でも失敗しない選び方も解説します!】

2019.04.29

人気おすすめ野球メーカー アシックス(asics)のグローブのメリットとは?

新しい技術を取り入れたグローブが多い

アシックスのグローブは新しい技術をどんどん取り入れた攻めの設計をしています。

複数ポジション兼用のグローブや、メジャーで見られるハイクラッチ構造(指を一本ずつ小指側にずらす)のグローブなど、特徴的なグローブがあるので、最先端のグローブを使いたい人にオススメです。

アドバイザリースタッフが今後の球界を背負うプロ選手

アシックスのアドバイザリースタッフには、エンゼルスの大谷選手や広島カープの鈴木選手など、今後の球界を担って行くであろう選手が名を連ねています!

そのため、人気選手と同じ型のグローブが買えるだけでなく、今後も選手と一緒に成長していくことが期待できます。

他にもダルビッシュ選手や、巨人の丸選手など、大人気の選手がアドバイザリースタッフになっているので、ファンの方には特におすすめです。

野球用グローブ(グラブ)人気おすすめメーカー10選【初心者でも失敗しない選び方も解説します!】

2019.04.29

人気おすすめ野球メーカー アシックス(asics)のグローブにはどんな種類がある?

アシックスのグローブは、かなり多くの種類に分かれており、正直違いがわかりづらいです。

ただ、それぞれのグローブにコンセプトとそれに基づいた特徴があるので、それを分かりやすく解説していきます!

ゴールドステージ(GOLDSTAGE)

ゴールドステージは、アシックスのグローブの中で最上位のグレードです。

軟式と硬式の両方があり、アシックスの中で唯一硬式用がラインナップにあるグレードです。

ゴールドステージの中でさらに、ロイヤルロードとスピードアクセルに分かれていて、それぞれの特徴を出しています!

さらに、アドバイザリースタッフとなっているプロ選手のモデルもありますので、一緒に解説していきます!

ロイヤルロード(ROYAL ROAD)


ロイヤルロードは、素材と型にとことんこだわったグラブで、アシックスの中で代表的なグローブです。

素材は全て「GSグランドレザー」と呼ばれる天然皮革が使われており、手に馴染む柔軟性がありながら、耐久性にも優れています。

型もアドバイザリースタッフとして契約してるトッププロから得たノウハウから、それぞれのポジションに合った型が追求されています!

スピードアクセル(SPEED AXEL)

スピードアクセルの特徴の1つは、メジャーリーガーによく使われているハイクラッチ構造を採用しているところです。

ハイクラッチ構造とは、グローブに入れる指の位置を小指側に1本ずつズラして(小指の位置に2本指を入れて)、捕球面をより広く使えるようにしたものです。

スピードアクセルには、このハイクラッチ構造を採用したTypeC以外にも、TypeA,B,Dのそれぞれ軽さや構造の異なる3つのタイプがあります。

共通して言えるのは、「素手感覚での捕球」と、「軽さ」を追求しているところです!

もちろん革も天然皮革でこだわっており、アシックスのこだわりが詰まったグローブとなっています!

プロモデル


アシックスには、ダルビッシュ選手、大谷選手のグローブの型を再現したグローブがあります。

モデルとなった選手のファンだけでなく、どのグローブにしたらいいか決めれない!という方にもオススメです。

プロが愛用する形なので、信頼度は高いですね。

今後鈴木誠也選手などのモデルが出てくることも期待できます!

ゴールドステージの下位グレード

アシックスのグローブは、ゴールドステージの下位グレードとして、多数のシリーズがあります。

色々ありすぎて違いがわかりづらいですが、それぞれに特徴があるシリーズなので、その特徴を簡単に解説していきます!!

ディーグロウ(D-GROW)


「毎日練習してもヘタリにくい革質」をコンセプトに、耐久性を求めたグローブです。

中学生、高校生のような毎日がっつり練習する人にオススメのグローブです!

ビッドシャイン(VIDSHINE)


「広いポケットで掴め!大きなボールもがっちりキャッチ」をコンセプトに、捕球面が広く設計されていて、初心者でも捕球しやすいグローブになっています。

写真を見てもらうとわかりますが、色を2色以上使ったカラフルなデザインもビッドシャインの特徴です!

ダイブ(DIVE)


「ワンハンドでしっかり掴める深めポケットの即戦力モデル」をコンセプトに、ポケット(捕球面)が深めに設計されていて、一度グローブに入ったボールを弾きにくい作りになっています。

そして、柔らかい革で作られているので、比較的に早く手に馴染み、使い始めることができるので、初心者にオススメのグローブです。

ネオリバイブ(NEOREVIVIE)


ダイブと同じようにポケット(捕球面)が深めに設計されているため、ボールを弾きにくい作りなっています。

複数ポジションで兼用できるオールラウンド用に近いグローブになっているので、ポジションが決まっていない初心者にオススメのグローブです。

もちろん、大谷選手のような二刀流を目指す選手にもオススメです!

人気野球おすすめメーカー アシックス(asics)のグローブの選び方

「結局どのグローブを買えばいいの?」

という疑問にお答えすべく、ここからはアシックスのグローブの選び方を解説します!

野球経験者の私としては、どうしても価格が高いものが、一番質が良くオススメするグローブになってしまいますが、今の自分のレベルに合った価格のグローブを買ってもらえれば十分だと思います!

tamu
おすすめ順で紹介しますが、どんなレベルの人に合うかも書くので、今の自分にぴったりの価格・クオリティーのものを選んでくださいね!

アシックスグローブの選び方:①ゴールドステージのオーダーグローブを選ぶ!

一番のおすすめは、ゴールドステージのオーダーグローブです。

グローブ選びで重要なポイントは以下の3つです。

グローブ選びのポイント
  1. 手のフィット感
  2. 機能性(軽さや形状)
  3. 耐久性
機能性や耐久性については、ゴールドステージのグローブは両方が高いレベルで備わっているので全く問題ありません。

ただし、手のフィット感は、既製品のグローブでは満たされたに可能性があります。人それぞれ手のサイズや形が違いますからね。

なので私は、自分の手にあったサイズのグローブを作れるオーダーグローブを最もオススメします!

もちろんデザインも自由に選べるので、自分の好きな色・形のグローブが作れて、モチベーションも最高に上がります!!

野球経験者で、アシックスのグローブに買い換える場合は、オーダーグローブを選ぶべきです!

ただし、初心者の方がいきなりオーダーグローブを選ぶのは、非常にハードルが高いのでオススメしません。

かなり高価で、あとで後悔する可能性があるので、中級〜上級者におすすめのグローブになります!

軟式オーダーグローブ

 

硬式オーダーグローブ

 

オーダーグローブのポイント
  1. 自分の手にフィットするグローブが買える
  2. 好きなデザインでモチベーションが上がる
  3. 中級者〜上級者向けのグローブ

アシックスグローブの選び方:②ディーグロウの既製品グローブを買う!

私が初心者から上級者まで、幅広い方にオススメするのが、ディーグロウの既製品グローブです。

グローブ選びで重要な耐久性を備えていて、ゴールドステージのグローブよりも安く買うことができるので、ディーグロウのグローブは初心者から上級者まで幅広い人におすすめです!

tamu
ゴールドステージは、既製品でもかなり高価なので、せっかく買うならオーダーグローブにして欲しい!ということで、2番目のオススメは「ディーグロウ」と考えています!

耐久性があることから、中学生、高校生で毎日がっつりと練習をする年代の人に特にオススメです!

中でもオススメのグローブを紹介しますので、アシックス のグローブを買おうとしているあなたは是非チェックしてください!!(硬式用は「ゴールドステージにしか無いので、軟式のみ紹介します)

内野手用

外野手用

投手用

既製品グローブのポイント
  1. 耐久性に優れたグローブ
  2. ゴールドステージより安価
  3. 初心者〜上級者までカバー

人気野球おすすめメーカー アシックス(asics)のグローブ まとめ

ここまで読んで頂きありがとうございます!アシックスは、グローブの歴史が浅いですが、これからの成長が期待されます!

tamu
アシックスのグローブを使っている選手といえば、やっぱり大谷選手!165km/hは圧倒的でしたね!大谷選手に憧れている方には是非アシックスのグローブを使って欲しいです!

私の記事を読んで、自分にあった最高のグローブに出会ってもらえると嬉しいです!いいグローブは技術だけでなく、モチベーションを高めてくれるので、野球の上達には欠かせません。

是非自分にあったグローブを見つけて野球を楽しんでください!!

初心者でもわかる!野球道具の選び方 〜グローブ編〜

2018.08.01

野球用グローブ(グラブ)人気おすすめメーカー10選【初心者でも失敗しない選び方も解説します!】

2019.04.29







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です