初心者でもわかる!野球道具の選び方 〜グローブ編〜



「初めて野球道具を買うけど、種類がありすぎてどれを買えばいいかわからない!」

「野球道具の選び方なんて、今更まわりの人に聞けない。。」

そんな悩みを抱えるあなたへ、野球歴20年の私が野球道具の選び方をわかりやすく解説します!

今回はグローブ編ということで、グローブの種類から費用までわかりやすく解説します。

この記事を読めば、

  • グローブにはどのような種類があるかわかります!
  • 私おすすめのグローブを紹介します!
  • 初めてのグローブ選びで失敗することはありません!

野球を始めようと思っているあなた!より良いスタートを切れるよう、是非最後まで読んで、自分にあったグローブをゲットしてください!

野球用グローブの人気メーカーをまとめた記事もあるので、グローブ選びの前に是非チェックしてください!

野球用グローブ(グラブ)人気おすすめメーカー10選【初心者でも失敗しない選び方も解説します!】

2019.04.29

野球の守備用手袋(グローブ)は必要?メリット・デメリットと人気おすすめメーカー5選を解説!

2019.05.08

初心者でもわかるグローブの選び方:グローブって何?

野球のグローブを知らない人はほとんどいないと思いますが、初めてのあなたに少しだけ解説します。

野球のグローブとは、これです!

引用元:ミズノ公式ホームページ

右投げの人は左手に、左投げの人は右手に着けて、バッターが打った球や味方が投げた球を捕るために使います。

グローブを着けることで、球から手に伝わる衝撃を和げて、より広い範囲のボールを捕ることができるようになります。

グローブも昔はこんな形でした!ただの分厚くて、大っきい手袋という感じですね。。(戦前とかの話ですので、当然私は知りません!笑)

引用元:GTIMESホームページ

グローブはここから始まり、グローブに求められる要素である、

  • 球の捕りやすさ
  • 球を捕った後の投げる手への持ち替えやすさ
  • 軽さ
  • 丈夫さ
  • 柔らかさ

などを追求していく中で、今の形に進化したんです!

初心者でもわかるグローブの選び方:グローブには沢山の種類がある!?

先程グローブに求められる要素として、捕球しやすさ、球の持ち替えやすさなどを紹介しましたが、その優先度は守備のポジションによって変わります。

そのためグローブは、ポジションによって形やサイズが違い、沢山の種類があるんです!

大きく分けると、

  1. キャッチャーが使うキャッチャーミット
  2. ファーストが使うファーストミット
  3. その他内野手と外野手が使うグローブ

の3つに分けられます。(さらに細かく言うとピッチャー用もありますが、内野手・外野手用とほぼ同じなので、ここでは省略します)

グローブの種類は、各ポジションの特徴を考えるとわかりやすいので、そこも踏まえてそれぞれのグローブについて、詳しく見ていきましょう!

①キャッチャーミット

引用元:ミズノ公式ホームページ

キャッチャーは、ピッチャーが投げる球を捕るのが主な仕事で、他の野手と違ってバッターが打った球を捕る機会がほとんどありません。だから、他のグローブと形が違うことはイメージしやすいでしょう。

守備の特徴としては、1試合で100~200球程度の球を捕る必要があるので、他のポジションより手への負担が大きくなります。

また、野手としては一番ボールに触れ、さらに盗塁などで瞬時にボールを投げる必要があるため、捕球した後に、投げる手に持ち替える速さが求められます。

そのため、キャッチャーミットは、皮が分厚く、ポケット(中央の捕球場所)が浅く、特徴的な丸っこい形になっています。

皮が分厚いため手への衝撃が和らぎ、ポケットが浅い分、球の持ち替えがしやすいグローブになっています。

皮が分厚い分キャッチャーミットは重たいですが、キャッチャーは他の野手と違って走って捕るような動作が少ないため、厚さなどが優先されています。

キャッチャーミットの特徴
  • 皮が分厚く重い
  • ポケットが浅い
  • 特徴的な丸っこい形

②ファーストミット

引用元:ミズノ公式ホームページ

ファーストは、バッターを一塁でアウトにするために、ベースに足を付けた状態で捕球するフォースプレーが最も多いポジションです。

ベースに足を付けた状態だと、動ける範囲が限られるので、より広い範囲のボールを捕るために、ファーストミットは長くなっています。

内野手の中でもバッターとの距離が近く、より速い打球が来るという意味でも長くする必要があります。

また、捕球する回数が多く、送球に負けないようにするため、キャッチャーミットほどではないですが、やや分厚く重い作りになっています。

ファーストミットの特徴
  • 長い
  • やや皮が分厚く、重い

③その他内野手と外野手のグローブ

その他のポジションのグローブも、そのポジションの特性によってグローブの形が違います。

主な違いは、グローブの長さです。長い順で言うと、外野手用サード用、ショート用セカンド用になります。

グローブの長さは、主にポジションによって違う、

  • ボールを捕る(捕球)姿勢
  • 求められる(グローブから投げる手への)球の持ち替えの速さ
  • バッターからの距離

によって変わってきます。

外野手用グローブ

外野手は、内野手と比べて高い姿勢でボールを取ります。

引用元:https://i2.wp.com/xn--odkig3fli8641erzf08xdgre0sozdl78ik6e.com/wp-content/uploads/2015/04/イチロー.png

イチロー選手の捕球姿勢ですが、外野手は速く遠くに送球する必要がありますので、あまり腰を落とさずに高い姿勢でボールを捕る必要があります。

また、当然ボールの持ち替えは速い方がいいですが、外野手は遠くに投げるために大きくステップを踏むので、ボールを持ち替える時間が十分にあります。

そのため、外野手用のグローブは長く、ポケットが深い作りになっています。

外野手用グローブの特徴
  • 長い
  • ポケットが深い

サード用グローブ

サードは、ファーストと並んでバッターから近いポジションです。必然的に打球が速くなるので、走ってボールを捕るというより、反応して捕るような機会が多くなります。

また、最も送球する回数が多い一塁が遠いので、外野手と同様に遠くに投げるためのステップをしっかし踏みます。

それらを考慮し、外野手よりは短いですが、グローブは長くポケットが深い作りになっています。

サード用グローブの特徴
  • 内野手の中で一番長い
  • ポケットが深い

セカンド・ショート用グローブ

グローブの中ではこの2ポジションのグローブが最も短くなります。

この2ポジションに共通して言えるのは、以下3点です。

  • 捕球姿勢が低い(腰を落として捕球する)
  • 速く球を持ち替える必要がある。
  • 移動距離が多い。

そのため、グローブは短くて軽く、ポケットが浅い作りになっています。セカンドの方が、上記3つの要素がより強いので、セカンド用のグローブが一番短くなります。

セカンド・ショート用グローブの特徴
  • 短い
  • 軽い
  • ポケットが浅い

初心者でもわかるグローブの選び方:野球初心者はどんなグローブを選べばいい?

グローブにたくさん種類があることを紹介したので、初めての人は「じゃあ、どれを選べばいいんだよ?」と逆に悩んでしまったのではないでしょうか?

でも安心してください。初心者のあなたには、どこのポジションにも対応している「オールラウンド」のグローブがあります!

引用元:ミズノ公式ホームページ

オールラウンドグローブは、サード用と同じくらいのサイズで、内野・外野どのポジションでも対応できます。

私が細かくグローブの種類を紹介しましたが、特にルール上の決まりはありませんので、オールラウンドグローブで守って問題ありません。

そもそも初めて野球をする人は、ポジションも決まってないので、各ポジション用のグローブは選べませんよね?(笑)

キャッチャーミットや、ファーストミットは特殊なグローブなので、だいたチームで購入することになるので、その点も心配ありません!

野球を続けていくうちに、自分のポジションが決まってきて、そのポジションのグローブが欲しくなってから買えばいいんです。

当然、私も小学校のとき初めて買ってもらったグローブはオールラウンドです!

というわけで、初めて野球をするあなたは、まずオールラウンドグローブを選びましょう!!

野球歴20年の私がおすすめのグローブを紹介します!!

それでは、私がおすすめするグローブを紹介します。

先ほど初心者の人にオールラウンドグローブを紹介しましたが、初めて買う人と、ある程度野球を経験してから買う人とでは、選ぶグローブが変わってきます。

なので、初心者と経験者それぞれに私おすすめのグローブを紹介します!

野球のグローブには、ボールの違いによって軟式ボール用と硬式ボール用がありますが、ここでは草野球で使われる軟式グローブを紹介します!

初心者向け!私おすすめのグローブ

初心者の人は、まず先ほど紹介した"オールラウンドグローブ"を選んでください!

そして、初めは高価な物を選ぶ必要はないです。

 

tamu

高価なグローブを買うのは、ある程度野球を経験して、自分のポジションや使いやすいグローブがわかってきてからにした方がいいでしょう。

あとは、とにかく安いグローブにするか、有名なメーカーの安めのグローブを選ぶか、それはあなた次第です!

この2通りで私のおすすめを紹介します!

①とにかく安いグローブ

軟式グローブで価格だけを求めれば、2,000円〜3,000円代でグローブは買えます!めちゃくちゃ安いですよね?しかも、問題なく使えるので、初めは価格だけを求めてもいいでしょう。

具体的にはこれっ!!

イグニオのグローブは我が家にもありますが、特に問題なく使えます。そしてとにかく安い。。

あなたが野球チームに入ってがっつりプレーするわけではなく、キャッチボールをする程度というのであれば、絶対安いグローブを選ぶべきです。

ネットで買うときは、間違ってサイズの小さい"少年用"を選ばないように注意してください。

②有名メーカーの安めのグローブ

野球チームに入ってプレーするなら、ある程度有名なメーカーのグローブを使ったほうがいいでしょう。

何かを始めるときは、形から入ってモチベーションを上げるのも大切です。

tamu
有名メーカーであれば、基本的に失敗することはないので、最初は「好きな野球選手が使っているメーカー」「うまい先輩が使っているメーカー」ぐらいの選び方をすればいいと思います!

それでも選べない!!という人に私がおすすめするのは、王道の"ミズノ"!!やっぱり、有名なだけあってミズノのグローブは使いやすいです。

有名メーカーのグローブは、安くても10,000円以上しますが、ミズノでは10,000円を切るグローブもあるんです!

いいメーカーでこれ以上安いグローブはないでしょう。
先ほども言いましたが、これより安い物は、"少年用"でサイズが小さくものになりますので、ネットで買う場合はご注意ください!

カラーをある程度選びたい場合は、少し高くなりますが、以下がおすすめです。

ミズノであれば、クオリティーに間違いはありませんので、高過ぎず、使いやすいグローブを選びましょう!

その他メーカーのグローブも知りたい人は、人気メーカー10選のまとめ記事もあるので、そちらをチェックしてください!

野球用グローブ(グラブ)人気おすすめメーカー10選【初心者でも失敗しない選び方も解説します!】

2019.04.29

経験者向けに私がおすすめするグローブを紹介!

実は経験者におすすめする"これ"といったグローブはありません。

理由は、"オーダーメイド"のグローブにして欲しいからです!

グローブ選びには以下3つの重要なポイントがあります。

グローブ選びのポイント
  1. 手のフィット感
  2. 機能性(軽さや形状)
  3. 耐久性

有名な野球メーカーであれば、機能性と耐久性は十分に備えていますが、既製品のグローブでは、もう一つの要素である「手のフィット感」が満足できない可能性があります。

なので、経験者にはオーダーグローブがオススメなんです!!

さらに、野球を長いことプレーしていると、自分の好きな形や色などから、憧れのグローブが見えてくると思います。

その希望を叶えられるのもオーダーグローブの大きなメリットです!

なので、2つ目、3つ目のグローブからは、オーダーメイドで作るようにしましょう!

金額は30,000〜40,000円くらいでオーダーできます。

当然既製品よりは高くなりますが、あなたに合った、お気に入りのグローブになること間違いなしです!

個人的には、"ミズノ"をおすすめしますが、通なあなたは"久保田スラッガー"の野手用グローブや、"ハタケヤマ"のキャッチャーミットなどを選ぶのも良いでしょう。

人気野球メーカー ミズノ(Mizuno)のグローブを徹底解説【おすすめ・選び方も解説します!】

2019.02.03

キャッチャーミットといえば"ハタケヤマ(HATAKEYAMA)"!!プロ野球も愛用するグローブを紹介します!!

2018.12.22

内野手用グローブと言えば、"久保田スラッガー(KUBOTA SLUGGER)"!!プロ野球選手も愛用する理由を解説します!!

2018.11.17

どうしても既製品を買いたい!という場合は、必ず店に行って一度手にはめてみてください。

革製品で手作りの部分も多いので、既製品だからといって、全て同じ形ではないんです。

全く同じ製品でも、手を入れたときのサイズ感や、握ったときの形が違うので、絶対に一度手にはめてみてください!これは絶対です!

初心者でもわかるグローブの選び方:まとめ

ここまで読んでくださったあなたは、グローブの種類から選び方まで、おわかりいただけたと思います!

特にこれから野球を始める!というあなたには、グローブについてよく知ってから、最高のグローブに出会って欲しいです。

なので、初めは安くて使いやすいグローブを選んで、ある程度野球を経験してから、オーダーメイドをする。という流れがベストですね!

わからないことがあれば、コメント等で気軽にご連絡ください!一応野球を20年もやってるので、大体のことはわかります笑

それでは、いい道具に出会って、より野球を楽しんでいきましょう!!

初心者の方に向けて、野球が上達する練習方法や、ルールを解説した記事も書いてますので、一緒にチェックしてみてください!!

↓初心者の方は合わせてチェック↓

野球用グローブ(グラブ)人気おすすめメーカー10選【初心者でも失敗しない選び方も解説します!】

2019.04.29

野球のルールを深く理解するために欠かせない野球用語まとめ【プロ野球・高校野球ファン必見】

2019.01.26

野球初心者でも10分でわかる!野球の基本的なルールを解説します!

2019.01.20

試合ですぐに結果が出る!草野球初心者が1人でできる練習方法

2019.01.05

野球の守備用手袋(グローブ)は必要?メリット・デメリットと人気おすすめメーカー5選を解説!

2019.05.08