あなたのスマホ代はいくら?格安SIMの時代に乗り遅れたら確実に損!



あなたはスマホ代を月々いくら払っていますか?7,000〜10,000円も払っているのであれば、あなたは確実に損をしています。

一昔前までは、ドコモ、au、ソフトバンクという大手キャリアと契約しているのが当たり前でした。

しかし、今は10人に1人が格安SIMを利用して、同等のサービスを半額以下で利用しています。

そんな中、まだ大手キャリアに月々10,000円近くのお金を払っているのであれば、5,000円以上のお金を無駄にしてしまってます。

でも大丈夫です!

私もついこないだまで、ソフトバンクに月々10,000円払っていましたが、格安SIMに乗り換えて、今では月々3,000円程度になりました!

格安SIMへの乗り換えは、誰でも、即、簡単にできます。

私が実際に行った格安SIMの乗り換えについて、わかりやすく解説するので、これを機に直ちに格安SIMへ乗り換えましょう!

格安SIMとは?

まず、格安SIMについてご説明します。

すでに携帯を使用されている方は、目にしたことがあると思いますが、これが「SIMカード」です。

電話番号やユーザーの情報が入っているICカードで、この「SIMカード」が入っていないと、携帯回線を利用した通信ができません。

そして「SIMカード」の中でも、格安携帯電話会社(MVNO)が提供する「SIMカード」を「格安SIM」と呼びます。

格安携帯電話会社(MVNO)は、ドコモ、au、ソフトバンクの電話回線を借りて、ユーザーに回線を提供しております。

 

自前の通信設備や店舗を持たずに、人件費等を削減することで、通信料金を抑えています。

そのため、月額料金がドコモ、au、ソフトバンクに比べて圧倒的に安いのです。

その安さから、利用者が増えてきており、最近では10人に1人が格安SIMを利用していると言われています。

格安SIMを使用するメリット・デメリット

次に格安SIMが、ドコモ・au・ソフトバンクと比べて、どのようなメリット・デメリットがあるか具体的に解説します。

格安SIMのメリット

冒頭からお伝えしている通り、格安SIMを使用するメリットは、とにかく利用料金が安いことです。

実際に「ドコモ」と格安SIMの一つの「mineo」の似たようなプランで比較してみると、、

<NTTドコモ>

パケットパック
(利用可能データ量)
月額定額料 月額合計
ウルトラデータLLパック(30GB) 8,000円 10,000円~
ウルトラデータLパック(20GB) 6,000円 8,000円~
データMパック(標準)(5GB) 5,000円 7,000円~
データSパック(小容量)(2GB) 3,500円 5,500円~

引用元:ドコモ ホームページ

<mineo>

基本データ容量 シングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(データ通信+090音声通話)
500MB 700円 1,400円
1GB 800円 1,500円
3GB 900円 1,600円
6GB 1,580円 2,280円
10GB 2,520円 3,220円
20GB 3,980円 4,680円
30GB 5,900円 6,600円

引用元:mineo

ドコモの5GBとmineoの6GBデュアルタイプを比較すると、月々約5000円の差があることがおわかりいただけると思います!

その他にも細かいメリットはありますが、私としてはこの安さを知ってもらえれば良いと思っています。

格安SIMのデメリット

なかなか格安SIMへの乗り換えに踏み切れないと言う方は、メリットよりもデメリットが気になっていると思います。

格安SIMのデメリットとしてよく挙げられるのが以下2つです。

①通話料金が高い

ドコモ・au・ソフトバンクはほとんどのプランに無料通話が付いているため、あまり通話料金を気にすることは無いと思います。

それに比べて格安SIMは、通常のプランには無料通話が付いてないので、20円/30秒の通話料金がかかります。

なので、電話を多く使う方は、通話料金には注意が必要です。

ただし、最近はLINEやFaceTimeで通話することがほとんどだと思いますので、気にしすぎる必要はありません。

また、どうしても電話量が多くなってしまう方も、「10分かけ放題」などの通話プランがある格安SIMが増えていますので、それを活用すればデメリットは解消されると思います。

②通信速度が遅くなる

格安SIMは、先ほど説明した通り、通信設備を借りてサービスを提供しているため、通信が混み合う時間帯に、通信速度が遅くなる場合があります。

特にお昼(12:00〜13:00)や帰宅時間(17:00〜18:00)に通信速度が遅くなると言われています。

たしかに私の実感としても、お昼の時間は通信速度が遅くなっているのを感じることがありますが、正直なところあまり気になりません。

このデメリットより、料金が安くなるメリットの方がはるかに大きいため、気にする必要はないでしょう。

また、通信速度は格安SIMによって微妙に異なるので、これを気にしすぎると選べなくなってしまいます。

実際は、使い物にならないような格安SIMは無く、各社の差もわずかなので、過剰に意識せず、その他のサービスで比較するべきです。

 

もっと他にもデメリットがあるのでは?と思われる方は、その他のデメリットもまとめてますので、以下のリンクをクリックしてご確認ください。

リンク:これだけは知っておきたい!格安SIMの7つのデメリット

初めての格安SIMならコレ!おすすめの格安SIMを紹介します!

安いのはわかったが、具体的にどれを選べばいいかわからない!というあなたに、私がオススメする格安SIMを紹介します。

これからご紹介する格安SIMは、数ある格安SIMの中で、特にサービスが充実しています。

そのため、どんな方の使い方にマッチするので、私は初めて格安SIMを使う方に、一番オススメしております。

これから紹介する格安SIMを選んで、「失敗だった、、」ということはまずありません!!

それではオススメの格安SIMを紹介します!!

おすすめ格安SIM:①mineo

mineoは、データ容量の共有と通話料金が非常にお得な格安SIMです。

まず、mineoは他の格安SIMではできない、mineoユーザーとであれば誰とでもデータ容量のプレゼントや受け取りができます。家族に限らず、友人や職場の人など、mineoユーザーであれば、誰でもデータ容量を分け合えるのです。

さらに、mineoユーザー専用のコミュニティー「マイネ王」に登録すれば、「フリータンク」というサービスで毎月最大1GBまでデータ容量を受け取ることができますので、月末にデータ容量が足りなくなった場合も安心です。

また、家族で契約した場合や複数の格安SIMを契約した場合には、「家族割」や「複数割」もありますので、子どもや両親と一緒にmineoユーザーになるとどんどんお得になりますね。

通話プランでは「10分かけ放題プラン(月額850円)」があります!このプランは10分以内であれば、誰に何回電話しても無料になるプランです。格安SIMの通話料金が高いというデメリットを克服したプランと言えます。

その他にもオプションサービスが充実しておりますので、もっと知りたい方は以下のリンクをクリックして確認しましょう。そして、毎月5,000円を手にするために必ず格安SIMに乗り換えてください。
↓もっと知りたい方はクリック!

mineo 最新情報まとめ

↓申し込みはこちらをクリック!


おすすめ格安SIM:②OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEは、かけ放題プランが非常に充実しています。

「10分かけ放題」に加えて、「トップ3かけ放題」、さらに二つのサービスを掛け合わせ「かけ放題ダブル」があります。

格安SIMは、大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)に比べて、通話料金が高いと言われていますが、OCN モバイル ONEのかけ放題プランであれば、そのデメリットは解消されます。

料金もそれぞれ月額850円、かけ放題ダブルでも1,300円と安いので、通話量が多い方にはオススメの格安SIMです。

また、「シェアSIM」という複数人もしくは、スマホ・タブレット複数台でデータ容量をシェアできるプランがあります。

その他にも、光回線と同時契約で月額200円引きや、全国86,000箇所のWi-Fiスポットが無料で使えるなど、格安SIMユーザーには嬉しいサービスがたくさんあります。

OCNモバイルONEを使っておけば間違いありませんので、これを機に是非お申し込みをしてください。

↓もっと知りたい方はクリック!

OCNモバイルONE 最新情報まとめ

↓お申し込みはこちらをクリック!


損をし続けないしないために、直ちに格安SIMに乗り換えましょう

格安SIMは、10人に1人が使っていて、サービスも大手キャリアと比較し遜色がなく、価格は半分以下になる。。

これを聞いても、あなたはまだドコモ、au、ソフトバンクと契約し続け、毎月5,000円、年間60,000円ものお金を、無駄にしますか?

ここまで聞いて、大手キャリアを使い続ける!いう方はいないと思います!

先ほどご紹介した格安SIMは、どちらも今キャンペーンをしておりますので、行動するなら今しかありません!

お金を無駄にしないために、是非以下リンクをクリックして、公式サイトからお申込みを!!

mineo公式サイト:


OCNモバイルONE公式ページ: