LIBMO 最新情報まとめ



LIBMOの料金プラン・サービス内容・オプションプランから、メリット・デメリットまで、この記事でまとめます!

公式ホームページをみると意外に面倒なので、是非この記事を格安SIM選びの参考にしてください!


料金プラン

SIM種類

音声通話SIM

SMS付きSIM

データSIM

ライト
(200kbps)

1,180円

620円

480円

3GB

1,580円

1,020円

880円

6GB

2,180円

1,620円

1,480円

10GB

2,980円

2,420円

2,280円

回線

ドコモ

通話料金

20円/30秒

通話プラン

・0035でんわ

「0035でんわアプリ」からの発信か、003545を電話番号の先頭に付けて発信することで、通話料金が半額(10円/30秒)になる。

・10分かけ放題(月額850円)

10分かけ放題に申し込んで、「0035でんわアプリ」か003545発信で、通話時間が10分以内であれば、何回かけても通話料金がかからない。

10分を超えた場合も、通話料金が半額(10円/30秒)になる。

・通話パック30(月額880円)

月々30分は通話料金がかからないプラン。通常30分通話すると1,200円かかるため、320円お得になる。

データ追加料金

200円/100MB

1,000円/1GB

最低利用期間/解約時の料金

データSIM:なし

音声通話SIM:12ヶ月以内は、契約解除料9,800円

データ容量の翌月繰越

あり

バースト転送

なし

支払い方法

クレジットカード

オプションサービス

①データ容量関連

・データシェア(月額120円/回線)

データ容量を最大3回線までシェアできる。

音声通話SIMの場合は月額700円、SMS付きSIMの場合は月額140円を追加する必要がある。

②通話、SMS関連

・留守番電話(月額300円)

留守番電話のサービスが利用できる。

・割り込み通話(月額200円)

通話中の電話を保留にして、新しくかかってきた電話に出れる。

③利用サポート

・安心訪問サポート(月額7,800円〜)

初期設定やデータ移行などを、訪問してサポートするサービス。

④端末関連

・LIBMO端末保証(月額380円)

端末と同時購入で加入できる、トラブル時に安価で端末を交換してもらえるサービス。交換費用は以下の通り。

1回目:5,000円

2回目:8,000円

3回目:端末代金全額

⑤その他

・TOKAI SAFE(月額400円)

運営会社であるTOKAIコミュニケーションズが提供する、セキュリティサービスを利用できる。最大6端末まで本サービスを利用できる。

・TLCポイントがもらえる

WAON、Suica、LuLuCaポイント、ドットマネーへ交換ができるTLCポイントがもらえる。

購入可能な端末

HUAWEI、VAIO、arrows、ZenFone、Priori、g07、MR05LN、MediaPad

詳細は、公式ページで!スマホ料金、安くするならLIBMO

メリット

①10分かけ放題プランがある

LIBMOには、10分かけ放題プランがあり、通話時間が10分以内であれば、何回かけても通話料金がかかりません。

格安SIMは、通話料金が高い点がデメリットと言われておりますが、この10分かけ放題プランがあれば、デメリットは解消されます。

格安SIMを使いたいけど、通話料金が気になる!という方にはおすすめのプランです。

②SIMを追加してデータ容量を共有することができる

LIBMOでは、月々のデータ容量を最大3枚のSIMでシェアできます。

最大3人までデータ容量をシェアできるため、家族等で使用される場合に適したサービスです。

また、特徴的なのは、料金構成が非常にシンプルなところです。

データSIM1枚あたり120円/月で、SMS付きにする場合は140円/月、通話SIMにする場合は700円/月を追加することで、機能を付加することができます。

価格もデータSIMの基本使用料が120円/月というのは安いです。

データSIMを追加して月120円でデータ通信ができるようになるため、タブレット用に追加するというのもありですね。

③訪問サポート・端末保証・セキュリティサービスがある

LIBMOでは、初期設定等の訪問サポートや端末保証、セキュリティサービスが利用できます。

それぞれサービスは1種類のため、悩むことなく選べるというのも、良いポイントだと思います。

格安SIMは、選択肢が多すぎて決めることができず、結局行動しない。。というのが一番の問題なので、プランがシンプルであるのもメリットだと思います。

↓お申し込みの方はクリック!



デメリット

①大容量プランがない

LIBMOには、最大10GBのデータ容量プランしかなく、使い放題も含めてそれ以上の大容量プランがありません。

そのため、データ通信容量を多く使われる方には、おすすめできません。

家にWi-Fi環境があったりすれば、このデメリットも解消されると思いますので、データ使用量に合わせて選んでください。

②支払いがクレジットカードのみ

LIBMOは、支払いがクレジットカードのみのため、クレジットカードを持っていない人は、契約前に作る必要があります。

クレジットカードを作りたくない人は、口座振替ができる格安SIMを選びましょう。

格安SIMへの乗り換えで携帯料金を節約しましょう!!

格安SIMは、安いのはわかるけど、選択肢が多すぎて決められなかったり、大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)から変更するのに不安があったりと、なかなか乗り換えに踏み出せない方が多いと思います。

ただ、間違いなく言えることは、格安SIMにした方が絶対お得!!

そして乗り換えるための手間もほとんどありませんので、あとは「行動」を起こすだけです。

格安SIMに乗り換えて、月々5,000円の節約になるとしたら、1年で60,000円、2年度120,000円の節約になります!

さらに家族で利用しているとしたら、、早く乗り換えた方がお得ですよね?

私が今回ご紹介した格安SIMに申し込む!という方は以下のリンクをクリックしてください!

↓お申し込みの方はクリック!



まだ決心が固まらないという方は、必ず以下記事を読んで決意を固めてください。そして、絶対に格安SIMに乗り換えて、毎月5,000円以上のお金を手にしてください!

↓まだ格安SIMに乗り換える決心が固まらない方はクリック!