携帯電話・格安SIM

これだけは知っておきたい!格安SIMの7つのデメリット

格安SIMが安いというのはわかるが、安いからには何かデメリットがあるのではないか?

このように思われている方のために、今回は格安SIMのデメリットについてわかりやすく解説していきます!

格安SIMには、安い!という圧倒的なメリットがありますので、これから紹介するデメリットがあったとしても、ほとんどの方は格安SIMに変えた方がいいと思います!

さらに、最近はデメリットを克服するサービスもどんどん出てきてますので、デメリットを知った上で、自分に合った格安SIMを見つけましょう!

知っておくべき格安SIMの7つのデメリット

それでは、格安SIMの7つのデメリットについて紹介しておきます。

改めてお伝えしますが、デメリットを把握した上で、自分の使い方にあった格安SIMを選んでいただきたいと思います!

格安SIMのデメリット:①すぐに使えない端末がある

格安SIMを利用するにあたって、今使っているスマホをそのまま使いたいという方もおられると思います。

その際に、スマホをすぐに使えない場合がありますので、注意が必要です。

ドコモ、au、ソフトバンクで購入された端末には、基本的に「SIMロック」がかかっており、他社のSIMが使えないようにロックされています。

例えば、ドコモの回線を使っている格安SIMであれば、ドコモで使っていた端末使えますが、au、ソフトバンクで使っていた端末はSIMロックを解除しないと使えません。

au、ソフトバンクで購入した端末も同様です。

そのため、今までご使用されていた端末をそのまま使いたい場合は、同じ回線の格安SIMを選ぶか、SIMロックを解除する必要があります。

ここで、各回線を使用した代表的な格安SIMをご紹介しますので、気になら方は確認してみてください。

ドコモ回線の格安SIM:mineo
            OCN モバイル ONE
            BIGLOBE SIM

au回線の格安SIM:mineo
         【UQmobile】

ソフトバンク回線の格安SIM:U-mobile

格安SIMのデメリット:②通話料金が高い

格安SIMは、通話料金が高いというデメリットがあります。通話料金が、基本的に20円/30秒かかります。

大手キャリアで、時間を気にせず電話をされて来た方は、この点に十分注意する必要があります。

通話料金のデメリットを改善すべく、格安SIMにも「かけ放題プラン」を提供しているものが増えてきております。

ただし、かけ放題プランといっても、誰とどれだけ長く話しても料金がかからない、というようなプランではありません。

「かけ放題プラン」は大きく2種類あります。

1つ目は、「5分かけ放題」などの、一回の電話が一定の時間以内であれば、何回かけても通話料金がかからないプランです。

5分かけ放題であれば、一回の通話時間が5分以内であれば、料金がかかりませんが、5分を越えると20円/30秒の通話料金がかかります。

最近では、「10分かけ放題」というプランも出てきておりますので、ある程度の通話量であればカバーできるプランです。

 

もう1つは、「トップ3プラン」などの、特定の人に対しての通話料金が何分話してもかからないというプランです。

ご家族や恋人など特定の人としか長電話をしないという方にはおすすめのプランです。

これらのプランでも通話料金が抑えられない方は、そのまま大手キャリアを使うか、電話用携帯と格安スマホの2台持ちを検討された方がいいと思います。

OCN モバイル ONEは、「10分かけ放題プラン」と「トップ3プラン」の2つのプランを合わせた、「かけ放題ダブル」というプランが1,300円で利用できます。

通話時間が長い方にはおすすめのプランです。特定の3人への電話が無料で、さらに他の人とも10分間は料金が発生しませんので、格安SIMの通話プランでこれ以上はないと思います。

通話料金が気になる方は、一度使って見てはいかがでしょうか?


格安SIMのデメリット:③キャリアメールが使えない

格安SIMでは、これまで大手キャリアで使ってきた、@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jpのメールが使えなくなります。

これまで、キャリアメールのみを使ってきた方にとっては、突然メールが使えなくなりますので、不便に感じるかと思います。

また、迷惑メール対策でキャリアメール以外をブロックしている方に、メールが届かなくなってしまいます。

ただ、最近はLINE等のアプリで連絡を取り合っている方が多いので、これをデメリットと感じられる方は、ほとんどいないと思います。

また、googleのGmailやYahoo!メールを使われている方も、当然これまで通り使えますので、大きな問題ではないでしょう。

格安SIMのデメリット:④通信速度が遅くなる

格安SIMは、ドコモ、au、ソフトバンクの通信回線の一部を借りてサービスを提供しています。

そのため、回線が混み合う時間帯(平日12:00〜13:00のお昼ご飯時など)は、通信速度が遅くなる場合があります。

場合によっては、1Mbpsを下回り動画視聴等に支障が出る場合もあるようです。

個人的にはあまり気になりませんが、通信速度を意識される方は、その点を理解した上で使ってください。

ネットで紹介されている速度調査や、口コミ等で通信速度が速いと言われている格安SIMは、UQmobileです。

通信速度を特に意識される方には、UQmobileがおすすめです!


格安SIMのデメリット:⑤クレジットカードが必要

格安SIMの多くは、クレジットカード支払いしか受け付けておりません。

そのため、格安SIMを申し込む前に、クレジットカードを準備する必要があります。

中には口座振替も使える格安SIMもありますので、クレジットカードを用意できない方は、その点に注意して格安SIMを選びましょう!

<口座振替ができる格安SIM>
【UQmobile】

BIGLOBE SIM

OCN モバイル ONE

@モバイルくん。の格安SIM

楽天モバイル

格安SIMのデメリット:⑥店舗でのサポートが受けれない

格安SIMを提供するMVNO(格安SIM会社)は、店舗等を無くしてコストを削減することで、料金を抑えています。

そのため、店舗がない、もしくは、あっても数が少ない場合がほとんどです。

初期設定も基本的には自分でする必要があります。何か困ったことがあった場合は、電話やメール等でのやり取りになりますので、ネット等が苦手な方は不安に感じることがあると思います。

最近は、そのデメリットを改善すべく、店舗を増やしたり、訪問サービス等のサポートを強化しているMVNOも出てきていますので、不安な方はサポートが充実している格安SIMを選べばいいと思います。

楽天モバイルとUQmobileは、比較的店舗数が多く、店舗で端末や格安SIMの購入ができます。

格安SIMへ乗り換える際の手続きや、初期設定に不安がある方は、ご参考にしてください!
楽天モバイル

【UQmobile】

格安SIMのデメリット:⑦格安SIM会社は潰れることがある

大手通信キャリアと違い、格安SIM会社は潰れることがあります。私が知っている限りでは、「ぷららモバイル」という格安SIM会社が、潰れました。。

結果的に、OCN モバイル ONEに無料でMNPするという措置が取られたようですが、使っている格安SIM会社が倒産するというのは、怖いですね。

潰れるまで行かなくても、買収される会社もあり、今日も「楽天がフリーテルを買収」というニュースが出ていました。

こればっかりは、どこを選んでおけば100%大丈夫ということは言えませんが、できるだけメジャーな格安SIM会社を選んだ方が安心ですね。

デメリットがあっても、やっぱり格安SIM!!

格安SIMのデメリットをご紹介してきましたが、デメリットを克服している格安SIMがあることも、ご理解頂けたと思います。

実際に使用していても、ドコモ、au、ソフトバンクと比較して、不都合に感じる点は、特にありません。

冒頭でも書きましたが、やはり安い!というメリットに勝るものはないので、ご紹介したデメリットを知った上で、自分に合った格安SIMを見つけてください。

以上

公式LINEアカウントで無料相談・無料プレゼントを実施中!

BASEBALIaaaN 公式LINE

メッセージを頂いた方へ、限定で無料相談・無料プレゼント実施中!

友達登録はこちら


野球は、経験者が上達するための情報は溢れていますが、初心者が野球を勉強するためのコンテンツは不十分だと考えています。初心者の方が野球を楽しめる状態になるハードルが高すぎるんです!

なので、BASEBALIaaaNでは、公式LINEアカウント(ID:@yti2498t)で、野球初心者の方がスムーズに上達できるよう、野球に関する情報を配信しています!

また、現在LINEトークでの無料相談を実施しています!記事の内容に関わらず、野球で悩んでること、知りたいことがある人は、是非友達登録をして、気軽にメッセージを送ってください。

さらに、メッセージを送ってくれた方限定で、野球に関するノウハウが詰まった、以下の無料PDFをお渡していますので、こちらも是非受けってください。(今後どんどん増やしていく予定です!)

無料プレゼント一覧

  1. グローブ型付けマニュアル
  2. もうタイミングを外さない!シンクロ・ステップを解説
  3. 『タメ』と『トップ』の作り方
  4. 第一回 守備の基本〜①グローブの使い方〜

Copyright© BASEBALIaaaN , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.