格安SIM選びに悩んでませんか?格安SIMを選ぶ前に知っておきたい自分のスマホの使い方!



格安SIMに変えたいけど、格安SIM選びに悩んでしまい、結局なかなか変えることができない、、という方が多いのではないでしょうか?

その問題を解決するためには、まず「自分のスマホの使い方」を知る必要があります!

格安SIMは、価格・サービスともに圧倒的に優れた格安SIMがあるわけではなく、MVNO各社それぞれに特徴があり、「自分の使い方」にあった格安SIMを選ぶ必要があります。

「自分の使い方」を知らずに、格安SIMを選ぶところから始めてしまうと、なかなか決めることができません。

そこで、今回は、格安SIMを選ぶ前に知っておくべき、「自分のスマホの使い方」について書きたいと思います!

これを知っておけば、自然と自分にあった格安SIMが見つかります!

なぜ格安SIM選びの前に「自分のスマホの使い方」を知る必要があるのか?

現在格安SIMを提供するMVNOは、あまり有名でないものも含めると、なんと600以上もあります。

さらにそれぞれの格安SIMで多様なプランやサービスを展開しておりますので、選択肢が膨大になるわけです。

さらに、料金プランの比較をしてみても、それほど大きな差はないのです。。下の表をご覧ください。

「mineo」「BIGLOBE」「OCN モバイル ONE」の音声通話SIMの料金をまとめました。

データ容量ごとに微妙に高い安いがあるものの、その差はわずかであることが見てわかると思います。

MVNO名

mineo

BIGLOBE

OCN モバイル ONE

SIM種類

音声通話SIM

音声通話SIM

音声通話SIM

1GB

Dプラン 1,500円
Aプラン 1,410円

1,400円

3GB

Dプラン 1,600円
Aプラン 1,510円

1,600円

1,800円

6GB

Dプラン 2,280円
Aプラン 2,190円

2,150円

2,150円

10GB

Dプラン 3,220円
Aプラン 3,130円

3,000円

20GB

Dプラン 4,680円
Aプラン 4,590円

5,200円

4,850円

30GB

Dプラン 6,600円
Aプラン 6,510円

7,450円

6,750円

これらの情報からわかるように、選択肢が多すぎることに加えて、料金だけでは大きな差別がない。

これでは、自分から選択肢を絞りに行かないと、いつまでたっても決めることができません!

なので、「自分のスマホの使い方」を知って、「自分に合った格安SIMを選ぶ」という考え方をする必要があるのです。

格安SIMを選ぶ前に知っておきたい「自分のスマホの使い方」

自分の使い方を知る必要があることは、わかっていただけたと思いますので、知っておくべき内容を説明していきます。

知っておくべきこと:①今使っている端末をそのまま使うか?

格安SIMを選ぶにあたって、まず今自分が使っている端末をそのまま使うかどうかをご検討ください。

その理由は、格安SIMは使える回線が、ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線の三種類に分かれており、自分がこれまで使ってきたキャリアと違う回線となった場合、SIMロックを解除する必要があります。

具体的に言うと、これまでドコモで使っていた端末を、au回線の格安SIMで使おうとすると、端末側にSIMロックがかかっているため、そのまま使うことができません。

現在、大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)は、端末購入から6ヶ月が経たないと、SIMロックを解除することができません。

また、SIMロックを解除するためには、解除手数料が3,000円(ネットは無料)かかることや、作業がめんどくさいことからできれば避けたいですよね?

なので、現在ご使用の端末をそのまま使いたいという方は、現在ご使用のキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)と同じ回線を使っている格安SIMを選びましょう!!

ドコモ回線の格安SIM:mineo
            OCN モバイル ONE
            BIGLOBE SIM

au回線の格安SIM:mineo
         【UQmobile】

ソフトバンク回線の格安SIM:U-mobile

知っておくべきこと:②どのくらい通話をするか?

格安SIMで、弱点と言われているのは、通話料金が高くついてしまうことです。

ドコモ、au、ソフトバンクでは、かけ放題や無料通話等があり、あまり気にしてこなかった通話料金が、格安SIMでは、20円/30秒がかかります。

一日5分電話をすると、月に6,000円通話料金がかかってしまいます。なので、通話料金は気にする必要があるポイントなのです。

私の場合は、スマホとは別に会社用の携帯を持っているため、あまり通話料金を意識する必要がありませんでした。

私用のスマホでは、家族や友達としか連絡を取りませんので、FaceTimeやLINE通話などで無料通話で連絡をとり、通話料金をゼロにすることができます。

ただし、仕事等でも使用される方や、無料通話を使えない相手と長電話する方は、そうはいかないと思います。

そのような方は、通話料金が安くなるプランを提供している格安SIMを選びましょう。通話料金のプランには、大きく三種類あります。

1つ目は、「5分かけ放題」などの、一回の電話が一定の時間以内であれば、何回かけても通話料金がかからないプランです。

5分かけ放題であれば、一回の通話時間が5分以内であれば、料金がかかりませんが、5分を越えると20円/30秒の通話料金がかかります。

最近では、「10分かけ放題」というプランも出てきておりますので、ある程度の通話量であればカバーできるプランです。

10分かけ放題の格安SIM:OCN モバイル ONE

2つ目は、「60分定額」などの、月々一定の通話時間は、通話料金がかからないプランです。

60分定額の場合、電話した回数にかかわらず、月の通話時間が60以内であれば料金がかからず、60分を越えたら20円/30秒の通話料金がかかります。

毎月一定の通話時間がかかる方にはおすすめのプランです。

定額プランの格安SIM:mineo
            BIGLOBE SIM

3つ目は、「トップ3プラン」などの、特定の人に対しての通話料金が何分話してもかからないというプランです。

ご家族や恋人など特定の人としか長電話をしないという方にはおすすめのプランです。

トップ3プランの格安SIM:OCN モバイル ONE

 

上記2つのプランで名前を挙げた、OCN モバイルONEは、「10分かけ放題プラン」と「トップ3プラン」の2つのプランを合わせた、「かけ放題ダブル」というプランが1,300円で利用できます。

通話時間が長い方には特におすすめです!

これまでご紹介したプランでも通話時間が足りないという方は、そのまま大手キャリアをご利用されるか、電話用の携帯と格安スマホの2台持ちにされることをお勧めします!

知っておくべきこと:③SIMをいくつ使うか?

格安SIMでは、シェアSIMというサービスがあり、一人の契約者に対して複数枚のSIMを追加することができます。

これをご家族で使ったり、タブレットで使ったりと様々な用途で使うことができます。

格安SIMによって、2〜4枚追加できたり、全くできなかったたりと、差がありますので、それを踏まえて格安SIMの選択肢を絞られるのもいいと思います。

例えば、5人家族で、家族全員で使おうとしているのに、SIMを2枚までしか追加できないものを選べませんよね?

また、いくつかの危機でデータ容量をシェアしたい方も、SIMを全くシェアできない格安SIMもありますので、その観点で格安SIMの選択肢を絞ってみてください。

最大4枚までSIMを追加できる格安SIM:エキサイトモバイル
                    OCN モバイル ONE
                   BIGLOBE SIM

知っておくべき「自分のスマホの使い方」まとめ

今回は、格安SIMの選択肢を絞るため項目をご紹介しました。格安SIMを選ばれる上で参考になりましたでしょうか?

何より問題なのが、格安SIMを決められないことによって、高い携帯電話料金を払い続けることです。

また、手続きがめんどくさいから変えないという方も同じですね。同じ機能を安く使える、「格安SIM」を使わない手はありません。

私の記事を読まれた方が、少しでも無駄な費用を節約できることを願ってます!

 

実際にご契約される際には、使用するデータ容量についても知る必要がありますが、データ容量は、料金等に各社差が無いため今回は省きました!

もう格安SIMを決めた!という方は、申し込みの前に以下の記事をご確認頂ければと思います!

格安simに変更する前に確認すべき5つのこと

以上